センター直前期に考えるべきこと | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 1月 7日 センター直前期に考えるべきこと

こんにちは!大学の試験が近づいてきて焦り出している岡野です!!

センター試験がどんどん近づいてきますね…

夏休みの1日とセンター直前期の1日では、その時間の重さに差を感じる人も多いのではないでしょうか??

そこで、今日はセンター試験だけではなく、すべての試験の直前期に考えるべきことについて、私個人の体験をもとに書きたいと思います。

私は受験生のとき、12月最終センター試験本番レベル模試~本番のセンター試験までに、約40点UPしました。

12/23に12月最終センターが実施されたので、12/23~1/14の約3週間で点数をこれだけ上げたことになります。

何をしたのかというと、

①ただ単純にものすごく集中して勉強した

②模試の分析をもとに、自分の苦手分野を最後まで復習し続けた

③自分が今まで勉強してきたテキストを復習ツールにした

このたった3点です。

具体的にいうと、私はセンター英語の大問2が大の苦手で、配点が44点のところを、ひどい時には10点台になってしまうこともありました。(受験生でこんな点数を取っていては、難関大志望だなんて恥ずかしくていえません…)

そんな私ですが、直前期にどうしたら伸びるだろうか、ということを模試の分析をもとに考えました。(ポイント②)

そして、復習のツールは今まで真剣に取り組んできたテキストにしようと決め(ポイント③)、シンプルに猛烈に勉強しました(ポイント①)。

この3ポイントだけで、直前でぐんっと伸びました。

現役生は、本当に試験当日まで伸び続けます。これは本当です。

あきらめずに、最後まで、死にそうになる一歩手前まで、本気で努力してください。

この努力に救われますよ!!!

 

センター試験まであと6日!!!

最新記事一覧

過去の記事