チャレンジ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 8月 11日 チャレンジ

みなさんこんにちは!!

担任助手の五十嵐です!!!

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか!?

 

暑い日が続いていますので、熱中症対策等はしっかりしてくださいね!!

 

さて今回は「きっかけ」についてお話ししたいと思います。

 

僕は大学に入って留学を経験したりしているので英語に触れる機会が多いですが、

高校時代は全くといって英語が好きではありませんでした。

そこで僕がなぜ英語嫌いが治ったかについてお話ししていきたいと思います。

 

僕が高校生の時は、英語の音楽が好きなくらいで

全く留学に行きたいとも思いませんでしたし全く英語ができませんでした。

英語の点数で言うとセンター型の模試で半分をきるような点数でした。

 

そんな僕が英語嫌いを克服する瞬間は高校3年生の夏にきました。

 

高校から帰る途中で英語を話す観光客の方に話しかけられたのです。

僕は身振り手振りで何とか意思疎通をとることができました。

 

その出来事は僕の中でとても衝撃的でした。

英語が全くできないぼくが、外国の方と意思疎通を取ることができたのです。

まるで一人で世界中行けてしまうような感覚でした。

 

その小さな出来事で僕の視野は大きくひろがり

とても自信がつきました。

 

英語は勉強ではなく英語とは手段であることに気づき

世界中の人と話すことができることにとても感動しました。

 

僕が紹介した出来事はとても些細な出来事だと思います。

何気なく流れていく普段の生活の一場面だと思います。

 

しかし些細な出来事をなにかのきっかけとしてとらえることができるかが

とても重要であると思います。

 

もしこれを読んでくれたみなさんも

ぜひ何かのきっかけを逃さないようにしてください。

そしてキッカケを見つけたら迷わず飛び込んでみてください。

 

応援しています!!!