先を見据えた勉強を! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 8月 24日 先を見据えた勉強を!

みなさんこんにちは!担任助手のです!

おとといくらいからまた夏みたいな気温に戻りましたね^^;

今年は気温の変動が激しいので、くれぐれも体調には気を付けてください!

 

さて、ここ最近ブログで書かれていますが、もうそろそろ8月センター本番レベル模試です!!

高円寺校では、高速基礎マスターの完全修得を促進したり、過去問演習会を実施したりと、この模試に向けての準備を進めてきました。

みなさんは、なぜこの8月の模試の点をこんなに気にしなければいけないのか分かりますか?

もちろん「高3のこの時期に低い点を取っているようでは受からない!」「単純に焦るから!」というのも間違いではありません。

しかし、もっと重要なことがあります!

 

東進では8月にセンター過去問の対策をして、9月から志望校対策に移っていけるように勉強すること理想としています。

受験勉強で一番合格に直結するのはやはり志望校の過去問演習です。

自分の志望校の問題を、どれだけ分析して、演習を積み、しっかり対策出来るかが重要になってきます。

その演習の時間を多くとるために、東進では上の図のような勉強計画を理想としています。

そして志望校の対策に入るためには、その前に基礎基本であるセンターの対策を終わらせていなければならないのです。

つまり、8月の模試で良い点を取れるくらいセンターをマスターしていなければ、志望校の対策に進めないのです!!

 

私は高3の8月模試でいくつかの科目で目標点を突破することが出来ませんでした。

模試が終わって、自己採点をした後、「こんな点数で受かるわけがない」と泣きそうな気分でした。

すごく悔しかったので、そのあと私はセンター対策を本気で取り組み、点数を伸ばすことができました。

でも、やはり頑張るには遅くて、志望校対策を十分にできなかったため、私の受験は成功と呼べるものではなかったです。

夏休みに本気を出してセンター対策を終わらせてたら、9月には志望校対策ができて、もっと良い結果を残せたのではないかと今は思います。

 

みなさんにはそんな思いはしてほしくありません。

目の前の模試がゴールではありません。

受験はいつでも先を見据えていなければなりません。だから、きちんと計画を立てて勉強するように言われます。

どうか残り少ない受験生活を悔いの残らないように過ごしてください!

応援しています^^