受験生に贈る言葉~保科~ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 1月 18日 受験生に贈る言葉~保科~

 

どうもー、冬休みが待ち遠しい担任助手の保科です

 

受験生に贈る言葉シリーズ

このブログが公開される1月18日には、センター試験本番、センター同日体験受験が終わっている頃でしょう

(ちなみにこのブログは1月15日、センター2日目当日に書いてます)

僕は今20歳なので、受検したのがちょうど2年前と考えると、相当昔のことのように感じます

正直、この時期なにをやっていたかは覚えていません!

ただ、何の根拠もなく、「自分は無敵だ」って考えてたのは覚えてます笑

弱い自分で臨むより、強い気持ちを持って試験に臨んだ方が、僕はいい結果が出ると思います

 

あともうひとつ

受験生だったころの11月ごろ、志望校対策の授業を受けていた時

英語の安河内先生が言っていた言葉

僕は今でもこれをとても大切にしています(僕のLINEのひとことはこれです笑)

『No pressure,  no diamonds.』 

 

「圧力がなければ、ダイヤモンドはできない」といった訳でしょうか

ダイヤモンドがどうやってできるか、みなさん知っていますか?

ダイヤモンドのもととなる元素は炭素です 身近なものだと鉛筆の芯とかも炭素がもとです

なぜ鉛筆の芯ほどもろい炭素が、地球上でもっとも硬い物質とされるダイヤモンドになれるのか

炭素は地球内部の高温高圧の状況下ではじめてダイヤモンドになることができます

 

炭素=自分 と置き換えてみてください

自分は今、自分に圧力をかけられていますか?

まだ鉛筆の芯ほどの、もろい自分かもしれません

でも、自分で自分を高温高圧の状況下におけば、光り輝くダイヤモンドになれるかもしれません

 

受験生、センター終わったからって、気が緩んでいませんか?

残り1カ月ほどの受験生活、もう少しです 常に自分に圧を加えて、高みを目指しましょう

高1,2生、勝負はこれからです

輝くダイヤモンドになれるよう、今から少しずつ圧を加えていきましょう