受験生へ贈る言葉~小川~ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 1月 8日 受験生へ贈る言葉~小川~

 

お久しぶりです。高円寺校の小川です。

センター試験まで1週間を切りました。

この時期は特に、気持ちが落ち着かなくなったりしますよね。

どんな時でも、いつも通りのパフォーマンスができるように、

今から心がけましょう。

逆に言うと、これから今までと違う生活リズムにしたり、

新しい勉強法や参考書などに変えるのは、注意が必要です。

 

さて、今回のテーマ、

担任助手からメッセージを紹介していきます。

これは、私の好きな言葉の一つです。

「 どんな雲にもみな銀の裏がついている 《憂いの反面には喜びがある》」

という意味の英語のことわざです。

私は、

どんなにつらいことでも、

その先には良いことが待っている、

と解釈しました。

受験という大きな壁を乗り越えた先には、

大学生、そして社会人として活躍する将来が待っています。

つらいときこそ、その先の将来をイメージすると

少し気持ちが晴れてきませんか?

 

受験生は泣いても笑っても約3か月後には、受験は終了しています。

この受験という経験を乗り越え、

振り返った時に経験出来てよかったと思えるものにしてほしいです。

 

高円寺校:0120-104-627