夏期合宿に参加しよう! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 4月 26日 夏期合宿に参加しよう!

みなさんこんにちは!最近生活習慣が崩れかけています担任助手の中村です。

新学期がスタートし早いものでもう1か月が経とうとしていますね。月日が過ぎる速さに驚くばかりです。

夏休みもまだ時間があるようで実はあっという間にきてしまいます。

 

そんな中で今日僕が書きたいのは夏期合宿についてです!

そもそも皆さんは夏期合宿がどんなイベントか知っていますか?

夏期合宿とは4泊5日の間ひたすら英語を勉強し、周りの仲間からの刺激や、長い時間勉強する集中力を得ることができる東進最大といっても過言ではないほどのイベントです!

今日は夏合宿の日にちや場所、どのように勉強するのか、その他特徴について書いていきたいと思います。

 

まずは日にちと場所です!日にちは第1期が7月21日(土)~7月25日(水)で第2期が7月26日(木)~7月30日(月)です。第1期か第2期かは自分で選択できます。場所は富士山麓、河口湖畔です。

 

そして先ほど書いた通りこの4泊5日間はひたすら英語の勉強をします。まず4月6月のセンター模試の英語の点数でクラス分けがされ、さらにそのクラスの中で班に分かれます。

具体的にどのように勉強するかというと授業を受け、終わったらやった範囲を復習し、確認テスト、ひたすらこの繰り返しです!

実は僕も高3生の時に夏期合宿に参加したのですが、個人的な感想なのですが僕は授業でやる範囲に対して復習の時間が少し短いと感じました。

なので、本当に集中しないと授業でやった範囲の復習が終わりませんでした。初日や2日目はこのサイクルがきつく感じましたが、合宿が終わってみると最初はきつく感じていたスケジュールもきつく感じなくなり、長時間集中して勉強できるようになりました。

 

その他の夏期合宿の特徴として挙げられるのが、班やクラスの仲間たちとの夢、志共有です!班やクラスの人それぞれがそれぞれの夢や志を話し共有します。他の人の夢や志の話を聞くのはとても刺激になりますし、自分の将来を考える上での手助けにもなります。

また、夏期合宿中の復習や自習ではたくさん音読をします。最初は声を出すのが恥ずかしい人などもいますが、合宿が終わる頃には声に出して勉強することの大切さが身に染みてわかります。

 

夏期合宿は以上のようにさまざまなメリットがあります。僕も夏期合宿に参加していなかったら最終的に成績が伸びていたか分からないくらい夏期合宿参加という選択は大きかったです。みなさんもぜひ夏期合宿に参加し、かわった姿を見せてください!!