失敗する!やってはいけない勉強法!!(受験生向け) | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 9月 28日 失敗する!やってはいけない勉強法!!(受験生向け)

こんにちは!担任助手の池田です!

9月ももう終盤となり、受験生は志望校対策の勉強が日々進んでいると思います。

夏休みまでとは違い、時間がなく勉強も難しくなって焦っている人も多いのではないでしょうか。

焦ってしまうと判断は鈍くなります。

正しい勉強を十分な時間をかけて行いましょう。

そこで失敗する!やってはいけない勉強法!!を伝えたいと思います。

 

①新しい参考書をあさる

難しい勉強を進めていくと、演習量が足りないのではないかと思い、新しい参考書に手を出したくなります。

これはダメです。今から新しい参考書に手を付けても終わらない可能性が高いです。今まで使っていた参考書を使えば十分間に合います

新しい問題を解きたいという方もいらっしゃいますが、今まで解いた問題が完璧にできていないのに、新しい問題が解けるわけがありません。

早まらないように。

 

②勉強の手を止める

「志望校の過去問を解いたら難しくて全然解けない。どうしよう。」

こんな悩みを持っている人、いませんか?

「このままで志望校に受かるのか」「いっそ志望校を変えた方が良いのではないか」など、様々なことが脳裏によぎります。

そして勉強の手が止まってしまう、、、。これは危険です。

悩むことは結構ですが、勉強の手を止めることは許されません。たくさん勉強すれば、悩みも遠くへいきます。悩みがなくなるくらい勉強しましょう。

 

この時期ぼくも焦っていました。勉強が難しいし、わからないし。

でも、諦めずに繰り返しやっていけば解けるようになるし、わかるようになります。

 

辛い時期が続きますが、以上のような失敗をしないように気を付けましょう。