学んだこと | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 12月 25日 学んだこと

皆さんこんにちは、一年担任助手の露木です!

メリークリスマス!!受験生は、クリスマスもお正月も今年は我慢して頑張った分、来年思いっきり楽しみましょう!

 

さて、本日で1/13.14のセンター試験本番まであと18日となりました。受験生の皆さんは心身ともに準備は出来ているでしょうか?

センター試験が全てではないですが、今までの勉強してきたすべての事を最初に発揮できる場所、同時に受験というもののスタートとなります。

ということで、本日は一年前の私のセンター試験の思い出と皆さんへのアドバイスをお話したいと思います。

 

まず、センター試験の日はものすっごく寒かったです。緊張していたから余計に寒さを感じたのかもしれませんが(笑)

必ず上着、手袋、マフラーをして、カイロを持っていきましょう。また、温かい飲み物を持っていくと落ち着くと思います。私は朝、母親に温かい紅茶を水筒に入れてくれと頼みました。(個人的に紅茶が好きなので、気分を上げようと思って頼んだのですが)実は、紅茶には、アミノ酸の一種である”テアニン”という物質が含まれています。この”テアニン”には脳にα波を発生させるのを助けると言われています。そのα波というのは記憶力や集中力を高め、リラックス・リフレッシュ効果があるといわれているので、直前の緊張を和らげるのにちょうどいいと思います。

 

いよいよ受験教室に入って、机の上に必要なものを出します。ここで、私は予めどの時間にどの鉛筆を使うのか決めておきました。鉛筆はたくさんあることに越したことはありませんが、だいたい1教科鉛筆1本使うので、落とした時のことを考えても机上に置くのは3本で十分かと思います。ものがありすぎても逆に集中力が散漫してしまいます。

 

試験中に注意してほしいことは、試験科目です!!いつもの模試ではできていても、当日に間違えてしまうことは本当にあります。私の大学の友達は緊張していて日本史B を受ける予定だったのに間違えて日本史Aの方を解いてしまったそうです。残り時間が少なくなって初めて気づいて間に合わなかったそうです。特に選択科目はほかの教科よりも先に受験するので初めに失敗すると後の教科を受ける集中力だったり精神的に負担がかかってしまいます。細心の注意を払って試験を始めましょう。

 

最後に試験を受けた後です。答え合わせをすぐに行うのは避けましょう。実際に、周りの受験生が答え合わせを友達としていて、私は知りたくなかったのでとても嫌な思いをしました。そこで一喜一憂しても何の解決にもなりませんし、周りにも迷惑をかけてしまいます。

 

少し長くなってしまいましたが、参考にしてくれれば幸いです。最後に、自信をもって試験会場に向かってください。自分より頭がよさそうに見えるのはみんな同じです。大丈夫です。胸を張っていきましょう!!