帰宅部のエースから帰宅部に捧ぐ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 5月 13日 帰宅部のエースから帰宅部に捧ぐ

こんにちは!最近絵が乗りに乗ってきた松原です!

 

高校と言えば部活ですね。私は1年の頃吹奏楽に所属していましたが、体がついていけず帰宅部になりました。今日は新規担任唯一帰宅部の私から、帰宅部流の受験モードのお話をします!

 

帰宅部部員の人はまず時間がたくさんあります。しかし、これはメリットとデメリットを含んでいます。部活生みたいに時間にメリハリが無い分、注意が必要です。高3になったら毎日登校は基本ですが、その中でも有効な時間の使い方を自分で考える必要があります。分からない時は是非担任助手に相談してみるのも手です!部活生の追い上げに負けないくらい、油断せず早期成長が大事です!

 

そして、皆さんは夢中になる趣味はありますか?私は吹奏楽を辞めてからは絵に没頭した日々を過ごしていました。趣味には引退がない分、自分で踏ん切りをつける必要があります。高3からは毎日登校にしたがって、徐々に趣味の時間が少なくなりました。夏休みを控えた7月の始め頃、趣味への決別としての一枚の描きあげました。そこからは受験終了まで後ろ髪も引かれず一切描かずに勉強に集中できました。どれだけ早く自分で思いきれるかが要だと思います。

スキル低下を気にしている方。安心してください。受験で溜まった欲は終わった瞬間爆発し、睡眠欲と食欲全てを奪って趣味に向かいます。濃密すぎる時間を送り、元のスキルを超えるのに2週間はかからなかったと思います。(体は壊したのでほどほどに)のっぺり続けていたよりはよほどメリハリがついて、その後の趣味生命的にも良い判断だったと思います。

 

最後に部活生も関わってくるスマホ問題。私もスマホがソウルジェムだと言っていた時期がありました……。しかし!人間一週間もやめてみれば大体どうでもよくなるものです。私の場合4月に高校の友達・Twitter上で同時にトラブルが起こったので、ツイ廃問題もソシャゲ問題も一気に解決しました。飽きた瞬間やめちゃうのが手ですよ……。おそらくスマホ絶ちが一番受験とその後の人生に効いたと思います。

 

せっかくの受験です。どんな人間になりたいか、何に時間を使える人間になりたいかを考えながら、レベルアップできる受験期をお過ごしください!