志って?① | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 4月 28日 志って?①

こんにちは、川西です。ここ最近のブログにもあるように高円寺校にも新しい1年生担任助手がたくさん入ってきました。1年生が入ってきたということは、僕は早いものでもう大学3年生になってしまいました。なんと!大学生活の半分が終わってしまったのです。。。

今日は皆さんに受験勉強をする上でとても大切なことを考えてもらいたいと思います。

皆さんには目標はありますか?「〇〇大学に行きたい!」というのはもちろん素晴らしい目標だと思います。では、少し大きな目標にしてみましょう?「〇〇大学で△△の勉強がしたい!」「〇〇大学に行って、将来は◇◇の仕事に就きたい!」といった将来の目標を持っている人も多くいるでしょう。

ここまでは目標を持っている人の話をしてしまいましたが、中にはまだ将来の夢や目標が決まっていない人もいるでしょう。むしろ高1.2生の皆さんは決まっていない人の方が多いかもしれません。今の段階で決まっていない。それが悪いことだとは全く思っていないので安心してください。

東進に通っている生徒の皆さんは、夢・志は決まってる?と聞かれたことや志作文提出しよう!と言われたことが一度はあるのではないでしょうか?

ここで一つ疑問が生まれると思います。それは、「大学受験に志って必要なの?」「将来のことなんてまだわからないから考えなくていいでしょ!」と思う人もいると思います。確かに大学受験は試験の点数で合否が決まるものだし、テスト中に「あなたの夢はなんですか?」という問題が出るわけでもありません。

では、なぜ志を持とうと言われるのでしょうか? ここで2つの写真を見比べてみてください。

A                        B

          

ぱっと見ると同じ写真に見えますが、よく見るとAの写真はただの原っぱですが、Bの写真には山に続く道があるのがわかると思います。

道があるということはたどり着くべきゴールが明確になっていて、かつそこにたどり着くための方向が明確になっているということです。一方で、Aのパターンはゴールがどこかもあいまいなうえ進むべき道が見えていない状況です。これでは成功へと最短距離で近づくことができません。ということは志を持っている人とそうでない人では結果的に大きな差が生じていることとなります。

今回は志についての漠然としたお話しかできなかったので今後はもっと詳しくお話ししたいと思います。

では!