梅雨の時期におすすめの体調管理法 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 6月 21日 梅雨の時期におすすめの体調管理法

こんにちは!担任助手1年の岡野朝香です!!

日中の気温もだいぶ上がってきて、ジメジメしてきましたね~。

関東もしっかり梅雨入りしました。

空がどんよりと曇っているのを見てなんとなく気分が上がらない、なんてこともありますよね。

そこで、このブログを見て下さっている方には、どんよりした気分は上げられませんが、梅雨時の体調管理の方法を知ってもらいたいと思います!!

梅雨の時期、雨の日は肌寒く感じたり、晴れ間は暑かったりと、気温や湿度が大きく変化します。教室などのエアコンが効いて、極端な寒さを感じる場合、自律神経は特に乱れがちになります。

自律神経というのは、自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしている神経のことを言います。

勝手に働いてくれる神経が乱れがちになる⇒体調不良になりやすい、ということが容易に想像できますよね。

梅雨の時期に起こりやすい体調の変化として、気分の憂鬱さ体のだるさや疲れ風邪をひきやすい頭痛や食欲不振などがあります。

この症状を改善するのに私の一番のおすすめの方法は、38~40度くらいのぬるめのお風呂で半身浴をすることです!

汗をしっかりとかくことで、その日のだるさや疲れを気持ちよくリセットすることができます!!

ぜひおうちで実践してみてください!

 

今週末から来週はじめにかけて、雨予報が出ています。

予報以外の突然の雨も考えられるので、傘を持ち歩くようにしましょう!!

わたしは折り畳み傘を持つのが嫌で、突然の雨の日はいつもびしょ濡れになっていました(笑)

それが原因で風邪を引いたこともあったので、皆さんは気を付けてくださいね!!

体調管理をしっかりして、勉強もよりいっそう頑張りましょう!

校舎で皆さんをお待ちしています!!

最新記事一覧

過去の記事