模試の帳票を活用しよう! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 6月 11日 模試の帳票を活用しよう!

 

こんにちは!本格的に梅雨入りし、ジメジメした日が続いていますね。雨の日の満員電車は本当に憂鬱です。夏が来るのを楽しみに今は辛抱強く耐えましょう。

話は変わって、皆さん!!全国統一高校生テストまであと何日だかわかりますか??

そう!!あと丁度、7日です!

皆さんは、「まだ7日もある~」と思いますか?それとも、「あと7日しかない💦」と思いますか?

いずれにせよ、あと1週間、ラストスパート本気で後悔の内容頑張りましょう!!

そこで今日は、模試を受け終わった後に返される帳票についてお話ししたいと思います。

多くの人は帳票が返された後、志望校の合格判定だけを見て喜んだり、落ち込んだりし、そのままにしていませんか?実際、私も8月模試くらいまで志望校判定だけを見て一喜一憂するだけで帳票を有効活用できていませんでした。

しかし!!それではもったいない!!

帳票をよく見てみると、大問別でそれぞれの得点が記載されていたり・・・。

1問1問の単元のテーマや解説が載っていたり・・・。

今、自分が最優先で復習しなければならない分野が記載されていたりと・・・。他にもたくさん・・・。

帳票をじっくり読むと模試の復習をより効率的に深く活用できる要素がたくさん詰まっています!!

また、帳票を読むと今回の模試で志望校の昨年の合格者がどれくらいとっていたかが科目別にわかります。それを見ると、今自分がどれくらいの位置にいるかがわかります。そして、このまま順調に勉強を進めればよいか、それとももう少しの努力が必要になるのか、改めて自分を見つめ直せます!

私は、8月模試の時にこのことに気付きました。帳票を見て、自分なりに分析することによって自分では苦手だと気付いていなかった分野や逆に得意な分野が把握でき、何度も言うようですが、より効率的に深く復習することができました!!本当におススメです!

皆さんも今回の全国統一高校生テストからは、帳票の志望校判定だけを見て一喜一憂するのではなく、帳票をじっくり見て、分析して、復習を頑張りましょう♪