進路の選択 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 4月 24日 進路の選択

こんにちは!

担任助手の三輪です。

4月から大学の研究室が始まり、最近は論文を読んでいる毎日です(笑)

 

今日は、大学受験のことというよりかは、大学進学後の進路についてお話したいと思います。

現在、自分は大学4年で、この時期になると就活が本格化していきます。

大学内の周りの友達や、地元の友達は内定取得のために頑張っているところです。

ちなみに、自分は就活はやっておらず、大学院進学に向けて準備を進めています。

この『就活』『大学院進学』の決め方について、簡単に説明したいと思います。

 

①就活

まず、就活を行う上での大事なことについて。

就活では大学受験とは異なり、試験のみでの評価はしません。(一部の大学・学部では面接試験を採用していますが)

もちろん、SPI等の基礎学力を試すための試験はあります。

しかし、一番大事になってくるのは、『面接』です。

この面接では、自分がその企業を目指している理由や、大学生活で頑張ったことなどを聞かれます。

そういった質問に答えるためには、『自己分析』をしっかり行い、自分を客観視して自分の強みなどを知っておく必要があります。

なので、自分の強みを多く獲得するためには、大学生活内で色々な経験を積んでおくと良いでしょう!!

たとえば、、、

・アルバイト⇒単に派遣や単純作業のものではなく、責任のある仕事や、自分から考えて仕事を行うことができるアルバイトがオススメ!!

・部活、サークル⇒他者とのコミュニケーションを培える、協調性を養える

・資格試験⇒今の時代だと、英語が重要視されてきているので、 『TOIEC』『TOEFL』で高得点を取っておくと、企業にアピールできます

      また、建築系の人だと『宅建(=宅地建物取引士)』、情報系の人だと『基本情報技術士』等の資格をとっておくのも有効です

・課外活動⇒大学内や学外で行う『インターンシップ』を経験しておくのも良いでしょう。実際に会社へ行き、仕事を一定期間体験することで、

      技術的な知識の習得、課題解決能力が養われ、会社で働くイメージをつかみやすくなります。

ざっと、こんなもんですね!!

他にも、ボランティア活動や、留学を体験しておくのもいいですね!!

 

②大学院進学

大学院進学の強みは

・より専門的な知識や技術を見つけることができる

・よりレベルの高い企業や部署に入ることができる

・学会などで教授や他の大学院生の前でプレゼンを行うことで、表現力を養える

・就活までの時間が作れるので、自分のスキルアップ(TOIECの点数向上)ができる

ざっと、こんな感じです。

特に理系の企業だと、大学院進学が条件で採用しているところがあるので、理系の人は大学院進学を希望する人が多くなります。

ちなみに自分も理系で、将来は設計・開発の仕事を行いたいので、大学院進学を目指しています。

設計・開発を目指す人は『大学院進学』が必須となるので、そのような人は大学院進学をオススメします。

 

以上のことをふまえて、大学進学後の自分の進路を考えるようにしてみてください!!

まずは大学受験を頑張りましょう!!