◆謹賀新年◆ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 1月 1日 ◆謹賀新年◆

 

みなさん、あけましておめでとうございます!!

新年一発目のブログ担当は、高円寺校 校舎長の永田です。

 

1月1日というのは、不思議なパワーを持っている気がします。

昨日までの自分がどんな自分だったにせよ、とにかく今日からは新しい自分、「これまでよりもっと理想の自分」がスタートできる気がします。

そんな、期待感あふれる、すがすがしい気持ちになれる元旦、どのように過ごしましょうか。

 

「一年の計は元旦にあり」という言葉があります。

1年のはじめの日に、今年の目標や計画をしっかりと考えるべし!ということです。

 

1年後の自分はどんな自分でいたいか。

 

〇〇大学に通っていて、どんなサークルに入っていて、アルバイトはどこでどういうことをやっていて…

受験が終わった後の春休みには家族で旅行に行きたいし、大学に入ってからの長期休みには海外旅行も経験しておきたい!

将来に向けてこんな資格の勉強も始めておきたいな…

等々。

 

自分の場合、今年の目標は

戦国史を勉強し、城めぐりをする(昨年始めましたが、もっと極めたい!)

体を動かす趣味を見つける

月に(最低)1冊は本を読む

そしてなにより、決めたことをやりきるということです。

 

みなさんはいかがですか?

 

受験生は特に、「センターまであと2週間だー!!」

「センター過去問やり直さなきゃ!」「併願校の過去問も見なきゃ!」「…ていうか願書書かなきゃ!」と、目の前のことにいっぱいいっぱいになりがちですが、ここはひとつ大きな目標を考えましょう。

大事なことは常に自分の行動がどこにつながっているのか、なんのためなのかを見失わずにいることだと思います。

その目的意識をもっているか、今自分がやっていることに意味を見出せているかどうかで、本当に追い込まれた時の心のあり様は変わってくると思います。

 

そして、自分が昨年1年間を振り返って感じたことは、

人生は「人」でつくられているということです。

1年の中でうまくいく時期もあれば、うまくいかない時期もありました。

仕事はたいてい人がかかわるものですし、人が相手となる場合も多いので、どうしても自分の思ったようにいかず、落ち込むこともあります。

でも、どんなに落ち込んだとしても周りの人に励まされたり、支えられたりしてまた頑張れる。

自分はものすごく人に動かされながら生きているなと、人の力ってすごいなと、しみじみ感じた1年でした。

 

受験生の皆さんは、今年たくさんの人との出会いが待っていると思います。

大学生になると、いろんなところから人が集まってきます。

自分のような田舎出身の人もたくさんいると思います!

(関係ない話ですが、大学のクラス最初の自己紹介の時に、自分があまりに訛っていたため最初の一言で盛大に笑いが起きたことを思い出しました。。)

そんなまだ見ぬ人たちとの出会いにめちゃくちゃ期待しましょう!!

 

そして同時に、ここまで自分にかかわり続けてくれている人たちに改めて感謝の気持ちを示しましょう。

特に、家族は自分の最大最強の味方だと思います。やっぱり最後の最後まで自分のことを考えてくれて、支えてくれるのは家族です。家族についてのエピソードも話したいのですが、長くなるのでまた今度にします。

  

センター試験まで2週間。

今できることは、ここまで頑張ってきた自分自身と、支えてくれた人たちに恥じない努力をするのみです。

 

1年後の自分を想像し、年間計画を立てて高まったところで、今やるべきことに没頭しましょう。

 

高円寺校、今日は9時半開館、19時閉館です。

新年のスタートダッシュを決めるためにぜひ、勉強しに来てください!

 

今年もよろしくお願いします。