大学の授業をのぞき見するマル秘テクニック | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2020年 4月 26日 大学の授業をのぞき見するマル秘テクニック

こんにちは。家にこもっていますか?私は5日ぶりに家を出ました。

今年はオープンスクールの有無が全く分からないですよね。そこで今回は今すぐにネットで大学の授業の内容を見ることができてしまう、魔法の検索ワードをご紹介します。

それは「シラバス」です。

シラバスって聞いたことありますか?

授業一覧のことです。何限にどの授業という情報だけでなく、どのような事柄を扱うのか詳しく書かれている場合が多く、読むだけでどのような授業かなんとなくわかるのです!各大学のホームページなどに載せられており、「○○大学 シラバス」と検索すれば、外部の人間でも簡単にアクセスできます。以下調べる上でのポイントを書きますね!

 

  • 興味のあるキーワードで調べる。

(大学によりますが)CTRLキーとFを同時に押すと検索ツールが出てきて、キーワードを入力するとかピンポイントで探すことができます。(例えば、法律・平和構築論・心理学など)

 

  • 志望学部特有の授業を調べる。

学部に分かれて入学する以上、学部によって必修科目や準必修科目など、履修制限があります。自分の学部のものを見てみて、「そうそう、こういうのを学びたいんだよな」と思うものがあればいいですね。逆に「いや、こっちの学部のこの授業のほうが…」と思うこともあるかもしれません。(今はまだ4月で、過去問対策は本格化していないでしょうから三年生でも)その時には学部を考え直してもいいと思います!

 

  • 複数の大学のシラバスを見てみる。

例えば同じ教育学部の「初等社会科教育法」という名前の授業でも、大学が変われば先生が変わります。先生が変われば授業の内容が変わります。教科を「どのように」教えるか考える授業、教科で「何を」扱うか考える授業、「なぜ」その教科を教える必要があるのか考える授業など、様々です。シラバスだけで比べるのは難しいかもしれませんが、シラバスから先生の専門分野や熱いこだわりを読み取ってみるのはおもしろいですよ。

 

今回はシラバスを紹介しましたが、大学について知る方法は、文化祭や学校説明会などに行けなくても、大学パンフレット(取り寄せることができます)や公式twitter、youtubeの紹介動画などいろいろあります。

休憩がてらにちょっと見てみると、その大学に行きたいという思いが強まるでしょう!!最後に自分を奮いたたせることができるのは、「この大学でこの授業に参加するためには、今勉強してこの大学に受かるしかないんだ!!」という気持ちだと私は思います。