【第一回】情報科学部だより | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 4月 16日 【第一回】情報科学部だより

こんにちは!! 大学が再開してから10日くらい経ちました担任助手の保科です

 

新年度ということで、新しいブログのシリーズを始めたいと思います!!

僕は今、法政大学の情報科学部、ディジタルメディア学科に通っています

去年度は、1年生だったので、「小金井の謎」(小金井キャンパスなので、、、)と題してキャンパス紹介のブログを何件か投稿していたのですが、2年生になり、より大学の勉強が専門的になってきたので、

この「情報科学部だより」のシリーズでは、理系学生の大学の授業、勉強について、書いていきたいと思います!!

 

正直、理系の大学って「何やってんだろう。。。?」って思いませんか? 僕は高校生の時思ってました笑

そんな悩める理系高校生のための連載です 文型の人も一部参考になると思います

 

 

記念すべき1回目は、先日受けた「コンピュータネットワーク」という授業についてです

この授業、先生が馬(マー)教授をいう人で、中国人なのです

かたことですが日本語は話せますが、講義はほとんど英語です!!

かなり英語に癖があり、よく日本語が混ざります

さらに、講義資料がPDF形式でネットに配布されるのですが、その講義資料はすべて英語です

授業のタイトル通り、かなり専門性の高い授業内容になっています

 

こういったように、「英語を学ぶ」のではなく、「英語を使って専門を学ぶ」ことができる大学が最近とても増えつつあります

英語が苦手なそこの君! 将来は英語から逃げられなくなると思います 理系こそ、英語に力を入れてほしいです

 

今抽選の科目の発表待ちで、もしかしたら、英語しかしゃべらない先生がもっている、僕が将来やりたいCGができる授業をとることになるかもしれません 正直わくわくしています笑

 

こんなかんじで、大学での理系の授業の「リアルな声」を届けられたらなと思います!

それではまたー