あの時もっと、は無し!! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 11月 14日 あの時もっと、は無し!!

皆さんこんにちは!二年担任助手の露木です!!

11月も中旬を迎え、段々と寒くなってきましたね。もう2018年も終わってしまうと思うとなんだかさみしいです…

 

さて!!本日は、直前期を迎えている受験生、新学年に向けて改めてスタートを切った1.2年生に、私がもっとやっておけばよかったなあと思う事をお話ししていきたいと思います。

それは、英語の文法です。そもそも私が皆さんに一番言いたいことは早め早めに勉強を始める事なのですが、具体的ではないので今回は英語の文法を解くに皆さんに早めにやっておいてほしいということでお話しします。

 

学校の授業でも文法は嫌というほどやっていると思いますし、実際東進にも高速基礎マスターの文法をほとんどの人が進めると思います。しかし、ただ学校で習ったものを暗記して定期テストでいい点数を取ったり、高速基礎マスターも毎日ステージを進め頑張っても、いざ完全修得したらその後一切手を付けなかったり、それだけでは圧倒的に足りないのです。

実際私自身が悪い例で、学校の勉強や高速基礎マスター、学校で配られた文法書をたまに見たりしかしませんでした。高3の5月に東進に入学した私は、まず英語は文法の授業から始めたのですが、覚える量と文法の重要さにとても驚いたのを覚えています。高3生のみなさんはもうお分かりかもしれませんが、英文法は本当に覚える量が多く、しかもどれも重要で苦戦する事間違いなしです。

では具体的に何をどうすればいいのか。それは、ひたすら繰り返し、苦手分野に関してはより理解を深め、類題を解きまくる。これに限ります。

何だ簡単なことじゃないか、そう思った方もいるかもしれません。しかし、英文法はすぐに習得できるものではありません。必ず時間を取らなければいつまでたってもできるようにはなりません。

模試でなかなか点数が伸びないなあと思っている人、文法は完璧ですか??

過去問で、二周目なのに合格最低点に届かないなあと思っている人、小さな文法の問題で落としたりしていませんか??

時間が無いからといってあと回しにすればするほど、自分が一番力を出し切りたい本番にする後悔は大きくなります。

あの時もっとやっておけばよかったなあという思いをしないためにも、ぜひ今一度見直してみて下さいね!!