これからの受講の進め方 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 9月 4日 これからの受講の進め方

お久しぶりです。犬塚です。

私事ですが、先日陸路でマレー半島を縦断し、タイ、マレーシア、シンガポールの三カ国を巡ってきました。

異国の食事や、宗教など様々なものに触れることができました。

また、実際に旅行をして色々な人とコミュニケーションをとったり、史跡を観光したりして、受験生の時に英語や世界史を学んでいて本当によかったなと実感しました。

皆さんが今勉強していることが、今後のふとした瞬間に自分に感動をもたらしてくれるものになるかもしれません。。。

 

さて、前置きはこのくらいにして、今日はこれからの受講の進め方についてお伝えしていきたいと思います。

 

センター模試が終わり、今、皆さんは色々なことを考えながら三者面談をして、過去問演習講座や志望校対策講座をとったと思います。

分かっていたとはいえ、また受講が増えて目の前に立ちはだかってくると、少し不安な気持ちにもなると思います。

でも、今まで多くの受講を受け切ってきた皆さんなら大丈夫です。ひとつひとつ確実に受講して、自分のものにしていきましょう!

 

ただ、受講を進めていく際に何点か意識してほしいことがあります。

①予習をしっかりとすること。

まず、予習です。もちろん予習が必要ない講座はしなくて大丈夫です。

しかし、志望校対策講座は実際の入試問題を用いた対策の講座が多いので、今までよりも予習が必要な講座は多くなっていくと思います。

予習と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

なにも、授業を受ける前にテキストの内容を完璧に理解しろ。とかそういうわけではありません。

テキストにある問題を、一度自分で解いてみて、解けるもの、解けないものを自分で把握しておく。

解けなかったものはどこが分からなかったのか明確にする。この2点を意識してください。

当たり前のようなことかもしれませんが、授業でどこを重点的に聞いて理解しなきゃいけないのかが明確になっているだけで授業の効果は大きく変わります。

②修了判定テストをためないこと。

ほんとのほんとに基本的なことですが、志望校対策講座は1講座当たりの受講コマが5コマのものが多く、すぐに修了判定テストがやってきます。

ちょっとサボってしまうとすぐにものすごい数の修了判定テストが溜まってしまいます。

そんなことにならないように、受講が終わるたびに修了判定テストに取り組むようにしましょう!

③テキストの付録をフル活用すること。

これも、テキストによって違うのですが、付録がついていたり、授業では扱わないページがあると思います。

時間の関係で授業では扱っていませんが、どれもとっても重要なものばかりです。

スキマ時間を活用して、しっかりと自分のものにしましょう!

 

以上、3点を意識して授業に臨んでみてください。

学校が始まって忙しくなってきましたが、頑張っていきましょう!