デンマークのギャップイヤー | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2015年 12月 16日 デンマークのギャップイヤー

どうも,長戸です!

またまた留学生の友達が増えています!

昨日はデンマーク人と日本人のハーフの子と友達になりました!

とても驚いたのは,彼が高校卒業後の2年間,ギャップイヤーを利用して社会に出ていたことです!

みなさん「ギャップターム」ってご存知ですか?

今はまだ日本では検討段階ですが,大学を海外のように秋入学にすることで,大学受験後から入学までに空白が生まれるので,その空白を使って新入生に社会経験を積んでもらおうという試みです.

そして,デンマークでは多くの高校を卒業した人がその本格バージョン,つまりギャップイヤーを利用して,大学への入学を先延ばしにするようなのです!

社会経験を積んで,自分の興味関心を広げた上で,自分が大学で何を学ぼうかを決めようということなのです.

彼の高校の同級生28人のうち,実に26人が大学にそのまま進まず,社会に出たそうです!

確かに,日本では大学を受験する段階で,経済学部とか法学部を基本的には決めますね.

実際,大学に入ってみて,経済学つまらないー,といって勉強をしなくなる大学生が日本でそれなりに見られるので,確かにデンマークの事情は魅力的かもしれませんね.

でも,デンマークの大学生だって,自分の学んでいることが合わないなーと感じたら,大学を辞めて入り直したりするらしいです.そのせいで,デンマーク政府は奨学金の問題や,学生の社会進出の遅れに頭を抱えているらしいですね.

結局のところ,自分が何をやりたいのかを見つけるのに戸惑っているのは,日本だけじゃなくどこだってそうということですかね.

それでは〜