体調管理の大切さ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 9月 28日 体調管理の大切さ

こんにちは、担任助手の川西です。

今日は、受検勉強において最も大切と言っても良い体調管理についてお話したいと思います。

9月10月というのは、夏から秋への季節の変わり目であり、文化祭や体育祭など学校行事がある季節でもあります。

最近の天気を見ていると、雨が降ったり、晴れたり、また雨が降ったりと不安定な天気が続いていますね。

そして、文化祭や体育祭などの学校行事で生活リズムが崩れている人も多いのではないでしょうか?

この季節の変わり目に体調を崩してしまう人が非常に多いんです。

◇体調を崩してしまうとどのような弊害が起きるでしょうか、、、? 

そして何より、もし受験本番に体調を崩してしまったら、、、せっかく1年間、もしくはそれ以上かけて努力した成果をベストな状態で発揮できなくなってしまいます。

勉強の計画が遅れがちになって、睡眠時間を削って夜遅くまで勉強している人も居るのではないでしょうか? もちろん「計画通り進めよう」「出来る限り勉強時間を確保しよう!」という意識はとても大切です!

しかし、睡眠時間を削ることは勉強時間を確保できるように見えて、実はあまり良い方法とはいえません。

→睡眠中に脳が記憶しているということもありますが、日々の疲れが取れず体調不良の原因となります!

 

結論としては、体調を崩してしまうと日々の勉強が進まないだけでなく、入試本番に力が発揮できなくなってしまうので、体調管理には気をつけよう!という話でした。以上!