克服するチャンス | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 12月 5日 克服するチャンス

こんにちは!1年担任助手の戸田です!みなさん、体調管理はしっかりとできていますか?最近本当に寒く、一度風邪をひいてしまったらなかなか治りませんよ・・体調管理を優先に日々の生活を送ってください!

さて、今日お話ししたいのは地歴公民千題テストについてです!ここ何日か、他の担任助手も復習方法について書いていますが、私なりの復習方法も紹介しようと思います。

まず、千題テスト・・世界史受験の私の結果はさんざんでした。範囲による得意不得意が顕著に得点に現れ、自信があった後半も、前半のダメージによってボロボロ・・受験生としてもう失格だと思いました。センター本番までの数週間、どうやって点数を上げればいいのか・・本当に焦りました。

そこで、自分の世界史に関する過去問を除いた勉強方法をもう一度見直してみることにしました。

①苦手分野を徹底的に覚える。

国公立志望で、この時期世界史の論述対策をしていましたが、出題範囲が偏っていたために、苦手範囲を苦手なままで残していました。そこで、千題テストの問題冊子を使い、苦手分野の時代の徹底的インプット・アウトプットをしました。

②資料集を使って、画像と関連付けて単語を覚える。

国公立志望でも、センター、私大と一問一答形式の問題が出題されるところはたくさんあります。絵を出して、「合うものを答えなさい」というところもあります。それに備えて、単語だけでなく資料集に出ている絵などをしっかりと並行して覚えました。

③問題冊子を解きなおす。

1日に社会科目に費やせる時間には限りがあります。特に科目数が多い国公立志望者には、社会科目ばかりに時間を費やす暇はありません。私は1日1ステージと決めて、解いて復習をしていました。10日間で1周が終わるので、それを2回繰り返しました。これで20日です。センターまでの残りの日は、この中でも間違えてしまったところを毎日解きました。解き終わったら、他の科目の勉強に移りました。

以上千題テストが終わって、センターまでの私の世界史の時間の使い方です。

残り日数は迫っていますが、まだまだ勝負はこれからです!自分の苦手範囲がわかってから、その苦手分野をどうやって克服するか、が大事です!

ぜひ、残された時間の使い方を考え、自分に合った有効的な時間の使い方をマスターして、実践してください!

最新記事一覧

過去の記事