共通テスト直前の勉強方法⑪ | 東進ハイスクール 高円寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2022年 1月 12日 共通テスト直前の勉強方法⑪

共通テストまで残り3日

 

皆さん、お久しぶりです!東進ハイスクール高円寺校担任助手1年の中野良咲です!

 

とうとう共通テストまであと3日となりましたが、受験生の皆さんは当日の試験会場までの行き方は大丈夫でしょうか?

 

今のところ天気は良さそうなので天候が交通に悪影響を及ぼす心配はなさそうですが、当日はなにが起こるかわからないので、なにが起こっても対応できるように2パターンは行き方の方法を調べておく余裕があり過ぎる行動を心がけてみると良いと思います!

 

さて本日も「共通テスト直前の勉強方法」について話していこうと思います。

 

私が一番共通テスト直前の勉強において意識して欲しいことは、とにかく時間を決めて勉強するということです。

 

共通テスト直前、さらには後3日というところまでくると、焦らず今まで通りに最大限に勉強していこうと意識はしていてもそういった意識とは別にどうしても気持ちが焦ってくると思います。

 

気持ちが焦った状態で勉強すると不安なところに気持ちが向いてしまうので、苦手科目の勉強だけに時間を費やしたりして他にも同様にやらなければならないことがあるにも関わらず偏った勉強になりがちです。

 

私も実際そうでした。日本史でしっかり頭に入っているか不安な範囲が多く、直前にめちゃめちゃ焦り他にも手を付けなければならない科目があるにも関わらず気づけば日本史だけで一日が終わっていて、他の科目に手を付けられていない状態にも焦ってしまい気持ち的にも落ち込むし翌日の勉強にも響くし、、といった負の連鎖を起こした勉強をしていた時期がありました。

 

なので焦って偏った勉強になりがちになるこの直前期だからこそ、一日の行う勉強一つ一つに時間を決めて行っていって欲しいです。

 

共通テストのリーディングでも各大門ごとに時間を決めて実施している人が多いと思います。

それと同様に日々の勉強にも時間配分をし決めた時間はしっかり集中して勉強し、時間を過ぎたら次の勉強に進む、このように進めていけば偏った勉強をすることもなくやろうと思っていた勉強を全てこなしていけると思います。

ただどうしても決めた時間に終わりきらないことも出てくると思うのでその場合の為に、一日の最後に予備の空白時間を設けておくと調整ができて良いと思います。

 

おすすめなのがその日の勉強が終わった一日の終わりに、次の日やるべき勉強内容を書き出し行う順番や時間を決めるというものです。

頭があまり働いていないその日の朝よりも勉強を終えたばかりなので対策が必要な範囲が見えているし、次の日に余計な事を考えず起きてすぐ昨日決めた勉強スケジュールをもとに勉強がスタートできるからです。

 

このように直前期だからこそ冷静に焦らず目の前の勉強を進めていくためにもぜひ上で述べたように、一日の勉強時間・スケジュールをしっかり決めて試験の直前の直前まで各科目一点でも多く得点を伸ばせるようにラストスパート走りきっていきましょう!

 

次回は村上担任助手から共通テスト直前の勉強に関してお送りします!お楽しみに!

 

 

最後に、共通テスト同日体験受験の締め切り日があと少しです!!

締め切り日は13日です。

もし受けようと思っている人がいたら下の画像をクリックしていただくと申し込みができるようになっているのでぜひお申込みください!

 

東大 京大 駿台 河合 マナビス 武田塾 合格 大学受験 予備校 無料 合格実績