受験期の後悔 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 11月 15日 受験期の後悔

こんにちは!気候の変動についていけず、なかなかの確率で服選びをミスしてしまう岡野です(笑)

そろそろ本格的に寒くなってきたような気がしますね。1年があっという間すぎた人も多いのではないでしょうか。

 

さて!本日は、受験期にここだけは誰かにつっこんでほしかった、、』というテーマで書いていきたいと思います。

いま考えれば、無謀なことを実行していたなと感じる部分があるので、誰かがひとことツッコんでくれれば…と人のせいにしたくなってしまうんです(笑)

でもそういう部分もすべて、自分で考え抜いていれば問題なかった話なので、タイトルは受験期の後悔、としています。

 

私が受験期に誰かにつっこんでほしかったことは、‘‘受験校が多すぎる’’という点です。

いったいどのくらい受験をしたかといえば、おさえの大学を除いて赤本8冊分の対策をしていました。5大学8学部です。

もちろん受かるわけがありません。悲しかったですね、、。

ひとこと誰かがつっこんでくれていれば、と何度も思いましたし、どうして自分で気づかなかったのかとものすごく自分を責めた時期もありました。

当時の自分の心情は思い出せませんが、私は本当にたくさんの大学を志望し、うす~~い対策ののちに受験をしたのです。

受験校が多くなると、各大学への自分の本気度も薄まりますし、傾向の違いを分析して対応するのがものすごく大変です。

自分の受験のチャンスを増やしたいから、とむやみに受験校を増やすのは自分の首を絞める結果となりますので、本当にオススメしません!!

 

現在私が担当している生徒にも、よっぽどの覚悟および意志が無い限り、受験校をむやみに増やすという指導はしていません。

この記事を読んで、少しでも私と同じような後悔をする人が減りますように、、。