夏休みの過ごし方 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2014年 8月 18日 夏休みの過ごし方

こんにちは、関です。

最近は暑いですね。いやほんと。

受験生にとってこの夏は本当に人生の分岐点ですね。どれだけ頑張ることができるか、辛くてもこらえて乗り越えられるか。

まさに勝負の夏です。

僕の受験生のときの夏休みは、開館から閉館までとりあえず校舎の自習室にこもって、過去問やそれの復習、2次、私大対策に数学Ⅲや物理Ⅱをやっていました。中でも物理は1日4時間は取り組むようにしていました。

眠くなった時は、外に走りに行ってました。どうしても眠いときは帰って寝ていましたが。

背筋をまっすぐにすると血行がよくなって、頭がさえるらしいです。あとは髪の毛を上の方で結ぶと前髪が引っ張られて目が覚めるそうです。

 

まあ、勉強は自分との戦いなのでいかに自分に甘くならないかが鍵です。常に厳しい道を選んで進んでいけば、いつしかどんな困難にも立ち向かえる強さを身に着けることができます。振り返れば、つたなくも立派なけもの道が自分のあとにできるんです。お昼休みに喋っているようでは当然無理ですね。頑張ってこないと決して見えない道。みなさんも見えるようにがんばって下さい。

 

話は変わりますが、僕は今夏、ためていた貯金をはたいて、テレビを買いました。42インチの割とお高いやつ。

これで見るジブリ作品は最高です。おかげで毎日何かしらのジブリを見ています。

最近は「風の谷のナウシカ」にかなりはまっています。台詞を覚えるくらい見ました。

本当の優しさとはこうあるべきだなと思います。

「ごめんね・・・ゆるしてなんて・・・言えないよね・・・」

のところでいつも涙が出ます。

あとは、テトが登場するシーンで

「怖くない 怖くない ね 怖くない 怯えていただけなんだよね」

と言うところは心打たれます。愛情があふれ出ているなと思います。

皆さんも自分に厳しく他人に優しく。全力で生き抜いていきましょう

200806102203161

以上