数学力向上の秘訣、それは… | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 6月 14日 数学力向上の秘訣、それは…

こんにちは

担任助手3年の三輪です!!

先週、中間テストが終わり、部活に復帰でき勉強から離れてウキウキな人が多いかと思います(^^)

でも、期末テストはもうすぐそこ!!

油断している暇はあまり無いのが現実ですね。

次の期末テストこそは高得点で終えたい、とか

夏前の締めとして学年1位を取りたい、とか、様々な気持ちがあるかと思います。

「でも、なかなか成績が上がんなくて困っている科目があって、勉強する気が起きないよー…」

「特に数学ができなくて毎回赤点ぎりぎりとかで、思うような点数が取れない」っていう高校生はすごい多いのが見受けられます。

そこで今日は、数学の点数の上げ方を簡単にご紹介したいと思います!!!

 1.公式の理解

 数学を解くうえで最重要なのが、公式を覚えていることと理解していること!!

公式はあまり難しいものは無くすぐに覚えられるが、どこでどの公式を使うかの判断力とスピードが必須になります。スピードの上げ方に関しては後で説明しますが、数学の問題を解く前にまずは教科書に載っている基本公式を見て、完璧でなはなくていいので理解することから始めましょう。

2.基礎基本の徹底

1では公式の理解をしようと言いましたが、今度は、実際に解けるようになることを目指します。

最初は普段解いている問題集ではなく、教科書に載っている例題レベルの問題から解いていきます。ここで重要なのが,「何度も解いて頭に染み込ませる」というのを意識しながら解くこと!!

一度だけ解いて理解しても、日にちが経てば自然に忘れていくものです。まずは1日20分でもいいので毎日解くことをオススメします。同時に時間制限を設けて解いてください。数学力≒計算力で、正確且つスピードを得るまで何度も続けてください。その積み重ねが入試問題を解くうえで、きっと強い味方になると思います!!

3.問題集の使い方

多くの人はテスト前に、先生から指示されたテスト範囲に該当する箇所を闇雲に解く人が多いですが、それはとても非効率な方法です!!

テストではもしかしたら通用するかもしれませんが、受験勉強になったら全く無意味なものになります。結局、受験生の時に数学を使うのであれば、テスト勉強を最大限にフル活用しましょう。具体的な方法を以下に記します↓ ↓ ↓

・問題を見て、解法が思いついたらそのまま解答を見て、自分の考えた解法照らし合わせる

これは、短時間でできる解法訓練方法です。まずは手を動かさずに、頭の中のみで考えてください。実際に問題を解く時に、この訓練をしていると短時間で解法が思いつくようになります。

ここでの注意点は丸暗記型にならないこと!!

全部でなくてもいいので、途中までの解法プロセスを自分で立ててみましょう。その訓練が一通り終えたら実際に問題を解く作業に入るようにしましょう!!

数学の苦手な人は、まず、上の3つのプロセスを踏んでみてください!

 今行っている特別招待講習では、数学の講座を取ると「数学計算演習」をお試しで受けることができます。

詳しくは校舎まで!!!

申し込みは下記バナーで受け付けています!!!