落ち込んでいる暇は無い | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 9月 27日 落ち込んでいる暇は無い

こんにちは

担任助手の三輪です

9月の下旬で季節の変わり目ということもあり、最近、風邪にかかる人が多くなってきてます。

部活、勉強を充実させるためには体調管理が万全でなければなりません。

体調をしっかり整えましょう!!!

 

さて、今日は受験生向きの話をしたいと思います。

この時期はセンター或いは記述の模試が盛んになって忙しいですね。

夏までに頑張ってきて成果が出てきた人もいれば、なかなか成績が伸びずに落ち込んで、勉強が思うように手がつかない人もいるかと思います。

しかし、もうこの時期です!!『落ち込んでなかなか勉強できない』というのは通用しません。残り数ヶ月、必死に喰らいつくしかないのです。

これから、自分の受験生時代の体験を語ります。

自分は、8月模試の英語が120点だったのに対し、10月模試の英語が80点まで下がってしまい、凄い絶望的でした。。。

自己採点終わった瞬間、今までの自分が否定されたかのような気持ちになり、次の日は全く勉強に集中できなかったのも今でも覚えています。

しかし、色んな人と話して、ここで受験勉強から逃げては何も起こらないし、やれることは全てやろうという気持ちに切り替わりました。

自分が実際行ったことが、少し時間をかけて徹底的に自己分析をしました。今までは、『点数が前より上がった!!!』などで一喜一憂していて、正直、自己分析をしっかりとやったことはありませんでした。点数が大幅に下がったことで初めて自己分析の重要性を知り、自分と向き合いました。

①自分に足りないもの

②自分の強み

この2つに分けて、次の11月の模試までの対策を考えていきました。

学校の休み時間や昼休み時間を①に全て費やし、スキマ時間を最大限に活用しました。周りの友達と楽しく話すのは一切無しにしました。そうすることで、それ以外の勉強に多く費やせる時間帯には、②の対策だったり、他の科目に取り組むことができました。

それを1ヶ月徹底的に行った結果11月の学校での模試で158点(自己最高点)まで伸ばすことができました!!!

皆も夏休みは志望校合格に向けて一生懸命取り組んできたと思います。しかし、それを活かすのは、その後の対策や行動次第です。

前回の模試で奮わなかった人は、是非、10月の全国統一高校生テストに向けてしっかりと自己分析を行い、自己最高点を獲得しましょう!!!