頑張った高3生へ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2016年 3月 4日 頑張った高3生へ

 どーも!1年の吹田です!

全ての試験が終了した高3生の皆さん、お疲れ様でした!「もうやめたい」「逃げ出したい」…何度もそう思ったと思いますが、

最後まで逃げず結果を出すことができましたね!本当に素晴らしいと思います!!

今回惜しくも第一志望に届かなかった皆さん、何も恥じる必要はありません。高円寺校生は皆一生懸命やってきたので、皆それぞれにとっ

て一番いい大学・一番充実した大学生活が送れる大学に導かれています!!

今まで頑張ってきた自分と進学する大学を誇りに思って、ぜひ4月からの大学生活を充実したものにしてもらいたいと思います!!

さて、皆さん大学生活のイメージはついているでしょうか?

 「運動系のサークルに入りたい!」「時給良いし、家庭教師やりたい!」「就活で困らないようにTOEIC頑張る!」…まあ色々あると思

 いますが、今回は東進の担任助手について少しお話してみたいと思います。

①自分の受験経験を後輩に伝える

まず皆さんも感じたとは思いますが、受験生にとって受験を既に経験している先輩の話はとても貴重です。受験勉強に一生懸命取り組んで

きた皆さんはそれが成功、失敗したかは別にして様々な経験をし、様々な勉強法を試したと思います。-この「経験」、誰にも伝えること

なくただの思い出にしてしまってもいいのでしょうか?僕は少し勿体ないような気がします。。僕は第一志望に落っこちるなど受験を失敗

した側の人なのかもしれないですが、自称「日本で1番頑張り、経験し、勉強法を試した男」なので、たくさんの受験生の力になれたので

はないか?などと勝手に思っております。

②社会に出て必要な力を身につけられる

説明会・ホームルームなどを突然任され、どうやったら上手く伝えられるかを考えながら培われる「プレゼン力」初対面の人・趣味、性

格が合わない人とも会話することで培われる「コミュニケーション力」、ワード・エクセル・パワーポイントを駆使し、事務作業・掲示、

資料作成をすることで培われる「パソコンスキル」どれも業種を問わずほとんど全ての社会人に必要な能力であり、大学生のうちに身に

つけておきたい能力です。でもこれらの力って普通に大学生やってるだけで身に付くんでしょうか?-自分で意識して取り組まない限り

難しいような気がします。また、いい大学行ってる人がこれらの力に特別秀でているとも思いません。

吹田も担任助手をやる前はこれらの力が皆無でしたが、自分が「できない」ということを知らず、ピ○キオ状態でした。「できない」ことを

知れるとできる人を尊敬でき、いい意味で謙虚になれたり、できない事をできるようにしようと向上心を持てるので、新しい事にどんどん

戦してみるのもおすすめですよ。

③自分自身のためにも他人のためにも一生懸命になれる

「他人のために一生懸命になれる人」-かっこいいですよね。ってか、そういう人って多くの人から応援され、信頼されます。

高田馬場校の担任・担任助手でまさにこういう人がいて「俺もこういう人になりたい!!」なんて憧れてましたね。

また、高円寺校には本気で第一志望に合格しようと頑張る生徒だけでなく、意識の高い担任助手がたくさんいます笑。

在学中に司法試験に合格すべく頑張る首席の坂井さん・いつも本を読み、留学のために仏語・独語を勉強し、文系なのにいつのまにか数3

をマスターしている長戸さん・TOEICのスコアアップに命を懸けていて背中で引っ張る小林さん…

こういう人たちが近くにいると常に「自分も頑張ろう!」なんて思うことが出来ます。「他人のためにも自分のためにも一生懸命になれる

人」-本気で目指してみませんか??

 

 

まあ、他にやりたい事沢山あるとは思うので、全然強制ではないです。ただ、そのやりたい事は2・3年からではどうしてもできないです

か?担任助手は1年からしか基本的にはできません!!少しでも興味・関心があるという志ある皆さん!是非是非お待ちしております!!

 

では!