11月に突入した受験生へ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2015年 11月 4日 11月に突入した受験生へ

どうもー、担任助手の保科です

 

さて、時が経つのも早いものでもう11月ですね

多くの受験生は、過去問演習に力を入れているのではないでしょうか

 

ですが、この秋の時期は受験において結構危険なものだったりします

そこで、去年皆さんと同じように受験生を経験した保科担任助手より、この時期陥りがちなパターン、アドバイスをしたいと思います!

 

①過去問オンリーはアウト

過去問をたくさんやらなければいけないのはわかりきっていることかとは思いますが、そればかりになってしまってはいけません

特に応用問題に気がいきがちで、基礎基本がおろそかになってしまうパターンがよくあります

受験科目の高速基礎マスターは必ず毎日やること!!

 

②時間が経つスピードがはんぱない

すでに実感している人も多いかと思います ほんとにものすごいスピードで時間が過ぎていきます

去年の自分もよく1日が8時間しかないかのように感じていました

時間はみな平等です 焦りは禁物

逆に限られた時間をいかに自分の糧にしていくか、そこがカギです

 

③油断するな

たくさん勉強して、自分に甘えたくなる時もあるでしょう

でもそこで甘えずにストイックにやることができるのが受かる受験生です

去年の自分も甘えてしまうことがあり、結果今でもとても後悔しています

受験終わってからそんな後悔はしたくありませんよね? だったらやりましょう

 

④受験が終わった後のビジョンを忘れずに

大学に合格することがゴールではありません なりたい自分、将来の夢を実現することこそが本当のゴールなはずです

本当のゴールに向かって頑張れば、きっとやる気もでるはず

 

残り受験生活もわずかです 最高の結果が出せるよう、「いい受験だった」と思えるよう、これからもがんばっていきましょう

 

センター試験まで残り73