直前期の考え方 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2015年 12月 1日 直前期の考え方

どーも!こないだ妹とiphoneの充電器を巡ってケンカしたのですが、普通に論破されました、1年の吹田です。

 

今回は先週に引き続き、吹田流モチベの上げ方part3・・・といきたかったんですけど、思いつかなかったんで吹田流直前期の考え方でいきたいと思います!(今回は少し堅いかもしれません)

さて、受験生の皆さん、あせらせるつもりはないのですが、センター試験まで残り50日を切りました。

二次試験までは残り2,3ヶ月しかありません。もう本当に直前期です。

ところで、直前期っていったい何をすればいいんでしょう?ー色んな子に聞いてみました。

「開館から閉館まで校舎にいる」「過去問演習」「超頑張る」・・・

結論から言うとどれも大正解です・・が、吹田はこれらのことはある意識をもって取り組

まなければ、ほとんど意味をなさないことだと私は考えています。

ある意識とは・・・「自分が志望校合格に近づくために今の勉強をどう生かせるか」

というものです。

例えば、「勉強しよう!」と思って適当に受講をするも、それが志望校の傾向にあまり

沿っていない内容のものであった場合、あまり意味がないのではないかということです。

言葉で言っても難しいですよね。そこで実際に吹田がこの意識を持って一日どう行動して

いたかちょっと紹介してみたいと思います。

~~~吹田君(高3の12月初めごろ)の一日(平日・寝坊しなかったver)~~~

6:20 起床

7:20    出発

(電車内)(20分)地理・生物基礎・地学基礎・古漢暗記←(センターだけの科目の暗記)

(徒歩)(15分)英語リスニング←(二次リスニング問題対策)

7:55    学校到着

8:00     教室到着

(地理・生物基礎・地学基礎・古漢暗記←(センターだけの科目の暗記))

8:10     1限(ex現代文)開始

(教科書に出てきた不明な語彙を現代文単語帳(キー〇ード読解)で調べる・漢字で書けそうなら漢字問題集にチェック)←二次・センター対策

(教科書に出てきた、なじみのないテーマの文章→キー〇ード読解を眺める)←二次・センター対策

(便覧を眺めて、慣用句・故事成語・漢字・語彙などをチェック)←二次・センター対策

(授業内のセンター演習に参加)←センター対策

(過去問の復習(現代文→解答プロセスの確認、擬古文→文章読み慣れ))←二次対策

9:00     1限終了

(地理・生物基礎・地学基礎・古漢暗記←(センターだけの科目の暗記))

9:10      2限開始

    (省略)

15:00     下校

   (徒歩)(15分)全力で頭休める←(後で集中するための時間)

   (電車内)(10分)(地理・生物基礎・地学基礎・古漢暗記←(センターだけの科目の暗記))

15:25     東進高田馬場校到着

    (勉強)←二次・センター対策

21:40     東進高田馬場校出発

   (徒歩)(5分)全力で頭休める←(後で集中するための時間)

   (電車内)(20分)(地理・生物基礎・地学基礎・古漢暗記←(センターだけの科目の暗記))

   (徒歩)(15分)アイス食べながらリスニング←(リラックス+2次対策)

22:20    自宅到着

23:20     就寝

・・・・

さて、皆さんはこのスケジュールを見てどう感じたでしょうか?

たしかにこのスケジュールは無理があるかもしれません。

(起きてる時間17時間に対して勉強してない時間が2時間20分しかありません。本当に無茶苦茶です)

しかし、このスケジュールから学べることもまた多いのではないのでしょうか。

「全ての勉強計画が志望校合格を見据えて練られているという点」

「東進にいない時間にもしっかりと勉強できている点」・・・

皆さんの計画はこれらの点を踏まえて作られているでしょうか?

これを機会に普段の過ごし方を工夫してみるのもアリかもしれないですよ^^

では!