受験生へのメッセージ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2017年 2月 7日 受験生へのメッセージ

こんにちは!担任助手の川西です

今日は2月7日、上智大学や法政大学、学習院大学などの入試が実施されました。

2月に入り1週間がたち、いよいよ受験も中盤戦!そして国公立大学受験者は残り2週間ほどになりましたね。

最近校舎で勤務をしていて、受験生が入試から帰ってきたときの友達との会話を聞いて感じることがあります。それは、一つ一つの試験の出来に左右されすぎているということです

もちろん、一校一校の大学に「合格したい!」という気持ちを持って臨んでいるのは当たり前ですし、日程が後になるほど難易度が上がっていくのも事実です。

しかし、今日の試験が上手くいかなかったからと言ってそこで受験は終了なのでしょうか?一つ不合格が出たら第一志望も合格しないと決まっているのでしょうか?

僕はそうではないと思います。今日の試験ができなかったのなら「何が悪かったのか?次の試験に何が活かせるのか?」と考えた方が第一志望合格に近づくのは間違いありません。

第一志望校の受験の前に他の大学の合格発表がある人や、他の大学の試験が控えている人も多いと思いますが、「合格した!ダメだった、、」「自信を持って解けた!うまくいかなかった、、」と一喜一憂するのではなく「次の試験までに何ができるか。次の試験に活かせることはないか。」という前向きな気持ちで受験に臨みましょう。

受験生活はまだまだこれからです!一校一校自信を持って、後悔の無いように取り組みましょう!

高円寺校の担任助手は第一志望校合格に向かって頑張る受験生を応援しています。