商学部ってなにするの? | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 8月 4日 商学部ってなにするの?

お久しぶりです。犬塚です。

みなさんいかがお過ごしですか?

高校3年生は7/31が、センター試験本試験5年分演習の期限になっていたと思います。

遅れてしまっている人は、早急に終わらせて、大問別演習に入れるようにしていきましょう!

 

さて今日も昨日に引き続き、学部の紹介をしたいと思います。

僕は現在「商学部」というところに通っています。

一口に「商学」と言っても、学ぶ内容は数学、会計、経済、統計、商法、経営、マーケティング、金融、保険、貿易論など多岐にわたります。

早稲田大学では、1,2年生のうちにこれらの知識を幅広く学び、3年生から、自分の興味のある分野のゼミに所属し勉強をしていきます。

 

その中で、今、僕が一番興味を持って受けているのが「保険論」という授業です。

保険は、世の中にある様々な偶然事故によって発生してしまう経済上の損害に対する不安を除去、軽減することを目的として、人々が作り上げてきた仕組みです。

ちょっと難しい言い方をしてしまいましたが、日常生活の万が一のリスクをどのようにして保険会社が背負っていくのかを考えていく学問です。

自動車や自転車の事故に備える保険、人の病気や死亡に備える保険、住宅の火災や家財の盗難に備える保険など保険にはほんとにさまざまなものがあります。

今例に出したものはほんの一部ですが、もし興味があったらぜひ聞きに来てくださいね!

 

ではまた。