まだまだ時間はあるかもしれない? | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 2月 13日 まだまだ時間はあるかもしれない?

皆さん、こんにちは!一昨日、人生で初めて赤からに行きました。後藤です!ダイエット中です!

 

突然ですが皆さん、僕は一昨日銀座のMEToA Ginzaでやっていたあたりまえの『ウラガワ』展というものに行ってきました。

https://metoa.jp/event/atarimae-no-uragawaten/

↑リンクを張っておきます。受験生は受験終わったら是非!行ってみてね!

 

そこのイベントのつにりんごかもしれない、○○○かもしれない という名前の物がありました。見てみると、

クリックすると新しいウィンドウで開きます

クリックすると新しいウィンドウで開きます

こんなものが壁にたくさん貼られており、そこには、一見りんごにみえるものも見方を変えると、カメかもしれないし実はアイスかもしれない自分の常識を覆されるようなものばかりでした。

 

この考え方は、日常生活はもちろん、受験でも当てはまると思います。

例えば新高1・2生のみんなはまだ受験まで時間があるから今は遊ぼうと思うかもしれない。しかし、本気で東大や京大を目指す子にとってはもう受験まで2年しかない。と思うはずです。

キソマスやっていてもただポチポチしているだけで成績上がるか分からないかもしれない。けど、やりつづけたらただポチポチしているだけでもしっかりと力はついていて、英語9割突破も夢じゃないかもしれない

 

これは今の受験生も同じです。

最近、校舎にいるとよく「試験までもう1週間しかない」や「あと三週間で何ができるの」などよくない言葉を聞きます。

これが、自分を鼓舞したり、焦らすために言っているものなら良しとしますが、諦めのような形で発するのはやめた方がいいです。

「試験まであと一週間もある!あと一週間で過去問もう一度解いて完璧にするぞ!」「あと三週間もある!日本史最後にもう二周してから試験に臨もう!」といい考えを持ちましょう。

そうやって気持ちを上げながら勉強すれば、合格するかもしれない。

 

今の低学年(新高3・2・1生)はあと一年、二年しかないんだという焦りを持って、今頑張っている受験生のみんなはまだ一週間もある、まだ頑張れるかもしれない、まだまだやれるかもしれないという希望を持って、本気で受験勉強に臨んでください。

 

そうしたらきっと。いい結果が待っているかもしれない。