ブログ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ 

2019年 7月 17日 女子大の立ち位置について

今日はよく皆から女子大って時代遅れじゃない?何やってるの?など言われることが多いのでそれについてお話したいと思います。

 

Q 女子大ってなにするの?


A 特に共学の大学とやっていることは変わりません。生徒が女子しかいないだけです。


Q 女子大ってなんであるの?


A 今の世の中だとそう思うのは普通だと思います。昔は女子が大学に行くことは普通ではありませんでした。高校を卒業したら就職するか結婚するかが一般的で大学に行くことは婚期を逃すか        ら嫌だと思う人も多かったです。このような風潮の中で女性にも男性と平等の教育の機会と場所を提供するために作られたのだと思います。

 

Q でももう女子も普通に大学に行く時代になったし、時代遅れじゃないの?

 

A 今では共学大学が主流となり女子大の数も減りましたし、時代遅れの印象がありますよね。でもほんとに時代遅れなら淘汰されていると思うんですよ。

皆さんは現代社会で生きている上で男女間の不平等を感じたことはありますか?

私は女子大に入ってから様々なデータを見せられて初めて気付きました。

ニュースとかで聞いたことがある人もいると思いますが、日本では女性管理職の割合が低いです。何故でしょう?

ホントの意味で平等であればもっと高い数値が出るはずです。

もちろん出産して自分の意思で家庭にはいるなどの理由で男性より低くなるのは分かりますがあまりにも低すぎます。

全ての企業ではもちろんないですが、はなから女性社員を管理職にしようと思って育成してない企業があるのも事実です。

企業側からしたら辞めるかもしれない社員に投資をするのはリスクがある。であれば初めから期待しないで男性には出世しやすい環境を与え、女性は退職を念頭に置き育成する

このような現状は実際にあります。

女子大はもちろん女子しかいないのでこのような現状をどのように解決するかを考える授業が割と多くあります。

女子大に入る前は私もこのような社会状況を知りませんでしたし、比較的平等社会になったと思っていました。

知らないと知っているでは対策の仕方も大きく変わってきます。まずは知ることが第一歩だと思うのでこのような現状を考えさせてくれる女子大は今の時点では意味のあるものだと思います。

 

私も女子大が第一志望だったわけではないので大学に入るまでどんなことをやるのか、共学と何が違うのかなど全然知りませんでしたが、入ってみると本当に普通です!!

ただ女性として生きていくうえで知っといたほうが良いことや社会状況を他の大学に比べると詳しく授業してもらう機会が多いです。

女子の皆さんは女子大も選択の一つとして考えてくれるととっても嬉しいです!

 

 

 

 

 

2019年 7月 14日 大学学部紹介ー教育学部

 

皆さんこんにちは!小野です。


じめじめした寒い日が続いていますね。勉強の方ははかどっていますか?
私は、大学で水泳部に所属しているのですが、外プールの水温が低すぎて凍える毎日です。。
皆さんは、いつでも快適な東進高円寺校に通って、しっかり勉強ができていることを期待しています!

では、本題に入ります!
今回は、シリーズでお送りしている大学学部紹介の、教育学部編です!

私は、東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程に通っています。
漢字ばかりで長いですね、笑
現在、私が教育学部としてどんな授業を受けているのかということを中心にご紹介します!

教育学部なので、教育学に関する科目ばかり、、かと思いきや!
教育組織論、人権教育などの教育学関連の授業だけでなく、学科の必修科目である環境保全生態学、地球環境論などの専門的な科目もあります。
また、理科の免許をとるための、4時間半ぶっ続けの実験の授業も受けています。

このようにたくさんの授業がある中で、たくさんの学生と関わりを持つことができ、それも学生生活の中での大きな楽しみになっています。
授業は全部で15回しかありませんが、少ない関わりの期間の中でも一緒に実験をしたり、発表をしたり、、
フーコーの振り子の実験中に、同じ実験班の子と将来の夢について語り合ったこともあります。

学年が上がると、各教科の教育法の授業や教育実習など、多くの教育に関する実践的な授業があります。私の大学は、付属の小学校・中学校・高校があるので、実際の学校の授業を見学したり、過去の先輩の教育実習の映像を見て分析したり、という授業もあるそうです。
ちなみに、小学校の教員を志望する学生にはピアノの授業もあり、部活の先輩が部室でよく練習しています。

このように、教育学部ではたくさんの仲間と、たくさんの学びができます!
東京学芸大学は、7月27日にオープンキャンパスがあるので、模擬授業などを受けてその雰囲気を感じてみてください!

 

2019年 7月 11日 夏を乗り切る生活を送るために

みなさん、こんにちは!担任助手の後藤です!今日も暑いですね。

僕の今日のブログのテーマがもともと「夏にバテない体作り」だったのですが、僕は正直めちゃくちゃ夏バテがヒドイのでこのテーマは書けない、、と思いました。

なので「夏バテをしない為にはどうすればいいのか」を今日はお話ししていきます!

 

ではそもそも夏バテは何が原因で起こるのでしょうか?

原因は主に4つあるそうです。

図:湧永製薬株式会社

①体内の水分とミネラルの不足
高温多湿が続くと、大量に汗をかくようになります。汗には水分だけでなく、体に必要なミネラル分も含まれているため、それも一緒に放出してしまうのです。

ミネラルの不足は、体の疲れやすさだけでなく、脱水症状や熱中症などの体調の異常を引き起こします。

②消化機能の低下
暑さは胃の消化機能を低下させるので、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こします。また、栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、タンパク質など体に必要な栄養素が不足しがちです。暑いからと冷たい飲み物ばかり飲むと、胃腸が冷えて胃の働きが低下します。

③睡眠不足による疲労蓄積
真夏は熱帯夜が続くので、睡眠不足になりがちです。このため、体を休めることができず、日中の疲労を回復できないまま朝を迎え、疲れがたまってしまい、夏バテを引き起こします。

④自律神経の乱れ
真夏は屋外と室内の気温差が激しくなりがちです。猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻ったとき、急激な温度差で体力を消耗することで起こります。さらに冷え過ぎた室内にいると、ストレスから自律神経がうまく働かなくなり、体調不良になります。

参照 湧永製薬株式会社 http://www.wakunaga.co.jp/health/teach/10.html

 

ということです。

特に外は暑く、校舎にくると涼しいので、急な温度変化によって自律神経の乱れが生じて、夏バテを起こす生徒が多いのではないでしょうか。

そして後藤は考えました。

どうしたら、みんなが夏バテをせずに受験勉強を行うことが出来るのかを、、

そして答えは出ました!!!

ズバリ、東進に来ることです!!!!!!!

もう一度言います。

ズバリ、東進に来ることです!!!!!!!

なんて簡単なことだったんでしょうか。

夏の朝は涼しく、比較的過ごしやすい気温なので朝一で校舎にくれば、急な温度変化によって夏バテが生じることもありません。

また、夜まで東進でミッチリ勉強すれば、夜も涼しいので気持ちよく帰れます!

そうして、朝から東進に来て夜まで東進にいる習慣がつけば、早寝早起きもできて得だらけですね

なので、夏バテがちょっと、、という受験生は今から早寝早起きの週間を作り、夏バテにならないように頑張りましょうね!

よく、夏は受験の天王山と言いますが、山に登るにはそれなりの準備が必要です

菜にも準備せず、当日は裸で山に登ろう!という猛者はいませんよね。

なので、夏から頑張ろう!と思っている人は裸で山に登るのと同じなわけです。捕まりますね。

夏に頑張ろうと思えるなら、今から頑張りましょう。

高円寺校の生徒はもっともっと努力できる生徒なはずです!信じてますね。

2019年 7月 8日 センター過去問の進め方(私立志望編)

 

こんにちは!担任助手の浅田です。

今日は七夕ですね!皆さん何かお願い事はしましたか?

高円寺校ではがおこなわれています!!

 

さて、今日のブログのテーマは『センター過去問の進め方(私立志望編)』ということで、

国立志望に関しては昨日藤田担任助手が書いてくれたと思うので、今日は私立志望向けの話を書いていこうと思います!

 

国公立志望と私立志望の、過去問演習における1番の違いは何か?

ズバリ、「科目数」です。(当たり前ですね)

当たり前のことではありますが、私立志望の人の科目数は基本的にリスニングを含めて4科目。

年にもよりますが基本的には1日で1年分の演習+復習が終わる計算になります。

 

・・・これだけ聞くとすごく楽な風に聞こえますね

 

しかし、私立=科目数が少なくて楽!ではないのです。

確かにセンターに関していえばそうなのかもしれませんが、例えばセンター利用入試ってありますよね。

人気な大学では総合で9割取らないと合格できない・・・ということもあったり!?

科目が少ない分、「1つ1つの科目でかなりの高得点が求められる」わけです!

これはどの大学を目指す人でも同じです!「狭く、深く」これが私立志望の心得です。

 

さらに、受験勉強はセンター過去問演習で終わりではありません。

その先には私立大学の演習が待っています!(むしろここからが本番!)

特に私立志望の人は、

受験大学数が多い

それぞれの大学が独特な出題傾向(しかも細かい)

ので、めちゃくちゃ時間がかかります!

ここでつまずかないために、国公立の人よりも早めの内から、より細かい英単語・古文単語・社会科目に触れておいたり、早めに私大の演習に入ったりすることが本当に重要なんです。

 

特に、皆さんが早慶志望であれば国公立の人が、MARCH志望であれば早慶の人が、

私大の入試には必ず「滑り止め」の名目で受験をしに来る「自分より頭がいい(ように思える)人たち」が必ずいます。

その人たちに1番勝てる事。それが自分の志望校にどれだけ真剣に、時間をかけて向き合ったかどうかなんです!!!

 

なので私立だから、科目数が少ないからといってゆるくやるのではなく、

それを利用して合格に結びつける!!!差をつける!!!ことが本っっっ当に重要!!です!!

 

ぜひ限られた時間を有効に!

皆さんの第一志望合格を応援しています。

 

2019年 7月 6日 センター過去問の進め方(国公立編)

皆さん、こんにちは。

藤田です。好きな色は緑色です。

最近、自分のところに理系の質問が多く届くようになりました。

大変喜ばしいことですね。

いや~、喜ばしい。どんどん高円寺バックアップサービスを活用していってください!

担任助手生活での藤田の個人的な裏の目標は

「皆さんが理系科目を学ぶことに楽しさを感じてもらう」です。

これは自論ですが、自分の将来の夢である講師の理想像なのです!

自分が小学生の頃に出会った算数の先生がまさにそうでした。

理系科目って奥が深いし、ゴールがないから、自分の好きなだけ詳しく学べる!

すごい魅力的だとは、思いませんか?

自分の考えを周りの人に押し付けるのは良くないですね・・・。

 

今日はなんと!

センター過去問の進め方(国公立編)です!

まぁ、国公立志望はとにかく科目数が多い・・・。

1日で全科目を終わらせるのはかなり厳しいと思います!

それだけで1日が終わります・・・。

計画を立てて、確実に守っていきましょう!

 

具体的に、過去問1年分をどうやって進めていくのかについて話していきましょう!

まずは、もちろん解く。これをやらないと始まりませんからね・・・。

ただし、きちんと時間を測ること!

本当に大切。時間を測らなかったら、過去問をやる意味はほぼないです。

気を付けてください!

 

解き終わったら、採点、復習となりますが、採点では自己採点の練習をしてください。

藤田はこの自己採点のせいで現役の時、かなり苦しみました。。。

そして、なんといっても復習。解くところまでは誰だってやるし、周りの人とやり方に差は大して生まれません。

一番、差ができ、自分を成長させることができるのは復習の仕方にかかってます。

各科目の復習法についてはSHRでも触れたので、割愛させてください。

一つ言っておくと、全科目に関して共通して言えるのは、自分の納得するまで徹底的にやりきるということです。曖昧な知識や分からない問題はなくすように!

多くて、大変だけど1年1年味わってください!

センター試験はかなり良問がそろってます!

最後のセンター試験を味わえることに感謝の気持ちを持ってください!幸せだと思ってください!

皆さんは本当に幸せだと思います!

 

明日の七夕祭、楽しみにしてます・・・!