センター試験直前のみんなへ | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 1月 11日 センター試験直前のみんなへ

 

こんにちは~!担任助手の稲妻です。そろそろ覚えてくれてたらうれしいです!

センター試験まで約1週間前となりましたね。最近ブースに入るとみんなの顔つきがいつもよりさらに真剣で「ああ、もうこの時期かあ」っと感慨にふけっています。

そこで、今回は、センター直前期の過ごし方について話したいと思います。

センター試験直前の過ごし方について

特に科目の中の苦手な分野、対策をしていなかった範囲の対策を直前1週間前に始めました。

具体的な科目を言うと、英語のリスニングと、国語の古典でした。

英語の筆記は自信があって、日本史もそこそこいけると思っていたので、国語の古典が直前まで6割しか取れず、リスニングも取れる時と取れないときの差が激しかったので、その2つの対策をしました。

まず、古典ですが、センター単元演習を用いて、古典のセンター過去問をひたすら解きました。その中で、どうして間違ったのか何が苦手なのを分析した結果、取れない範囲が目に見えてきたので、そこをひたすら徹底して

復習して対策しました。7年分ほどやった時、主語の一致や、内容理解、文の推測など苦手なところができるようになっていました。

英語のリスニングは、今までのセンター模試でみんな平均点6割弱取ってる模試で7割や8割、低くて5割とかしか取れず、自信がない科目でした。

なので、直前に単元ジャンルでリスニングの問題を5年分やったところ解き方を試行錯誤して見つけた結果、3年目あたりから満点をコンスタントにとれるようになり、

センター本番でも、僕らの年は平均点が4割ちょっとくらいだったのですが、8割をとることができました。

なので、残り1週間となった今、苦手な範囲を集中的につぶすというのが大切になっていくと思います。

皆さんの努力が必ず報われるとは言い切れませんが、今まで積み重ねてきた努力は無駄にならないです。

最後まで自分のやってきたものを信じて試験最終日までやり切りましょう!高円寺校のみんななら大丈夫です!応援してます!