受験の第1歩はテスト勉強から! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 9月 12日 受験の第1歩はテスト勉強から!

こんにちは!!担任助手の浅田です。

最近みんな書いていますが、高校生は文化祭の時期ですね!みんなの話を聞いていると自分も高校生に戻って参加したくなります・・・!

特に3年生は文化祭が最後の行事という学校も少なくないと思います。是非全力で楽しんでください!

 

さて、今日のブログのテーマは高1・高2生の9月からの勉強法です!

高1・高2生の中には、もう受験を見据えて努力を開始している人も、まだいいや・・・という人もいると思います。

私はズバリ後者側の人間でした。

受験勉強をきちんと始めたのは高2の11月でした。もちろん早く始めるに越したことはないし、本番ギリギリまで伸ばし続けてやっとギリギリ届いたようなものなので、遅くても間に合うとは思ってほしくないのですが・・・!

とはいっても、突然受験生のように勉強しろ、と言われても遊びたいし部活もあるし、行事もやりたいしってなりますよね。気持ちがすごくすごく分かります。

 

まだうまく受験勉強に身が入らない人・始める気が起きない人も、手遅れにならないために必ずやってほしいことが1つだけあります!

それは、テスト勉強だけは全力でやる!!!ということです。

私は前述のとおり高2の秋まで受験勉強は何一つやっていませんでしたが、テスト勉強だけはかなり真面目にやっていました。

真面目にとは??

まず、前提として授業をちゃんと聞いてノートを綺麗に整理しておきます。特に数学などは汚くなりがちですが、概念を整理するノートと問題演習をするノートに分けておくと良いですよね!あとは分からない問題が出てきたら質問をしたり復習したりして分からない部分が無いようにしておきます。

テスト2週間前になったら、各教科のテスト範囲と使う教材、それぞれにかける大体の時間を紙に書き出します。

それからテストまでの日付を全部書いた紙に、その日にできそうな勉強時間と、上記を元にしたその日にやるべきことを書き出します。

この時ポイントなのが、日曜日は何も勉強を入れない!!など調整日を作ること。これでずれても立て直すことが出来ます。

 

長々と書きましたが、テスト勉強をしっかりやることの何がそんな良いのかというと、①受験勉強の基礎事項が身につく! ②計画の組み方が身につく! という点です!

受験勉強といっても、基礎事項は学校で習うものとほぼ同じです。受験勉強を始める時期が同じでも、この基礎事項があるのとないのとではかなりの差が生まれると思います。

さらに、受験生になってやる勉強は変わっても、計画の組み方は変わりません。というか受験勉強において自分の立てた計画を確実に実行する力というのはかなり無敵です。これに苦しんでいる人を何人も見たことがあります・・・

 

なので!!受験勉強を今すぐ全力でやろうとは言いません。

まずは定期試験からでも!受験への一歩を踏みだしてみませんか??