大学学部紹介ー教育学部 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 7月 14日 大学学部紹介ー教育学部

 

皆さんこんにちは!小野です。


じめじめした寒い日が続いていますね。勉強の方ははかどっていますか?
私は、大学で水泳部に所属しているのですが、外プールの水温が低すぎて凍える毎日です。。
皆さんは、いつでも快適な東進高円寺校に通って、しっかり勉強ができていることを期待しています!

では、本題に入ります!
今回は、シリーズでお送りしている大学学部紹介の、教育学部編です!

私は、東京学芸大学教育学部初等教育教員養成課程に通っています。
漢字ばかりで長いですね、笑
現在、私が教育学部としてどんな授業を受けているのかということを中心にご紹介します!

教育学部なので、教育学に関する科目ばかり、、かと思いきや!
教育組織論、人権教育などの教育学関連の授業だけでなく、学科の必修科目である環境保全生態学、地球環境論などの専門的な科目もあります。
また、理科の免許をとるための、4時間半ぶっ続けの実験の授業も受けています。

このようにたくさんの授業がある中で、たくさんの学生と関わりを持つことができ、それも学生生活の中での大きな楽しみになっています。
授業は全部で15回しかありませんが、少ない関わりの期間の中でも一緒に実験をしたり、発表をしたり、、
フーコーの振り子の実験中に、同じ実験班の子と将来の夢について語り合ったこともあります。

学年が上がると、各教科の教育法の授業や教育実習など、多くの教育に関する実践的な授業があります。私の大学は、付属の小学校・中学校・高校があるので、実際の学校の授業を見学したり、過去の先輩の教育実習の映像を見て分析したり、という授業もあるそうです。
ちなみに、小学校の教員を志望する学生にはピアノの授業もあり、部活の先輩が部室でよく練習しています。

このように、教育学部ではたくさんの仲間と、たくさんの学びができます!
東京学芸大学は、7月27日にオープンキャンパスがあるので、模擬授業などを受けてその雰囲気を感じてみてください!