現役不合格者の特徴 | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 6月 15日 現役不合格者の特徴

今日はちょっと明るい話ではないのですが不合格の人に共通する話をしたいと思います。

端的にいうと志望校対策が出来切れてない人です!

入塾した時期が早くてもやることができていない子は落ちます。

高3の6月に入塾したとしても毎日死ぬ気で勉強して過去問をしっかりやって志望校に受かった子はいます。

塾に通っているとどうしても行くだけで満足してしまうと思いますが、きちんと合格設計図通り受講、修判、進められていますか?

設計図は立てたときには無理な予定ではないはずです!!

その無理のない予定がずれてしまうのはどこかで勉強できるのにやってない時間が存在するのだと思います。。

後、大切なのは第一志望の過去問を確実に10年分することです!

受講やセンター演習が溜まってしまうと過去問対策に入れる時期が遅くなってしまうので気を付けてください。

受験時期が迫ってくるとみんな不安になって受付でしゃっべったり、イーティングスペースで友達とずっとしゃべる人が増えますが

そうゆう人ほど第一志望に落ちている割合が多いように感じます。

どれだけ不安でも結局不安を解消するのは自分の勉強時間です!!

これから夏休みに入るので今までより勉強する時間が増えます!

夏休みに入ってから何を勉強するか決めるのではなくきちんと計画を立て有意義な夏を過ごしましょう!!