高3の9月にやっていたこと | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2018年 9月 5日 高3の9月にやっていたこと

こんにちは!担任助手の浅田です。

ベトナムから帰国してからかなり無気力な日々を送っていたのですが、最近留学するための英語の勉強を再開し、今かなり燃えています・・・!

 

今日のテーマは言葉通り、私が高3の9月にやっていた勉強をざっくりと紹介しようと思います。もちろん今の状況によってやることは千差万別ですが、共感してくれる人も中にはいるはず!

その前に、この時期の私の心情について一言書きます。

私の8月センター模試はひどいものでした。夏休み誰よりも朝から勉強し誰よりも校舎に時間を捧げた私は、前日まで「もしかして私、全科目8割超えるんじゃ・・・?」とかなり調子に乗っていました。

ところが結果超えたのは英語だけ。「私の夏休みはなんだったんだろう・・・」と絶望的な気分でした。校舎に来るのもやめてやろうかと悩みました。でも今思えば、この時諦めず、不安でもできることを続けたことが結果合格に繋がったのかな、と感じています。

なので、8月思うように点数が取れず落ち込んだ人も!夏以上にこの先のを有意義にしていきましょう!

 

それでは勉強法です!

①まず英語ですが、唯一の得意科目ということで9月は「語彙力を維持+早稲田レベルの英文に多く触れて慣れる」がテーマでした。

苦手科目に多く時間を割きたかったので、基本的に1日に1コマの受講と単語帳を1時間だけやっていました。重要なのは日にちを開けずに毎日継続することと、受講をしたら必ずその場で復習をしてしまうこと!私は全部の講座で英文の音読と問題の解き直しをしていました。

 

②次に、国語。現代文は場数を踏むのが1番なので、受講+解き直しのサイクルを何度も何度も繰り返していました。5回くらい映像を見ると、だんだん新しい問題でも「ここ先生好きそう!」「ここは多分線引きそう!」みたいな感覚がつかめてきます。5回で無理なら10回見ましょう。論理的な解法も大事ですが、体にしみこませてしまうと解くスピードも上がります!

古文漢文は夏までに参考書はあらかたやっていたので、9月以降はテキストの付録をかなり活用していました。特に吉野先生の早大古文にある文法問題は入試直前まで全部で10周も解きなおしたほどです。これで知識を完全に自分のものにできました!

 

③最後に大っ嫌いだった世界史。まだセンターレベルさえ分からず、初めて解いた早稲田の正答率は2,3割でした。過去問を解いて初めて、自分が今まで単発の知識だけで流れを無視していた事に気付きました。センターをやっていた時は、ただ単語を暗記するだけのように思っていたのです。

夏も9月もベースは一問一答だったのですが、ここでやり方がかなり変わりました。ノートのようなつもりで、テキストや教科書の流れを一問一答に書き込む。先生のちょっとした小話も書き込む。そうして出来上がった一問一答を、あとはもうひたすらやりまくりました。1日に7時間くらい一問一答だけをやっていた日もありました。+受講でたまに問題演習をする、というのを1カ月くらい続けていました!

 

以上が私の9月の勉強法です。

学校が始まり、時間も限られてきています。1日1日を有意義に過ごしていきましょう!!