2次試験直前の勉強法 ~音読編~ | 東進ハイスクール 高円寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 1月 21日 2次試験直前の勉強法 ~音読編~

こんにちは!

 

最近ラーメン食べすぎて運動しなきゃと思っていますが、なかなか思うようにいかない高円寺校担任助手の人見です!

 

皆さん、共通テストはいかかでしたか?

 

今年は色々なことがありましたね…。特に理系科目の得点率がだいぶ変動しましたね

 

1つ前の後藤担任助手のところに今年の共通テストの得点表があるので、点数が気になる方はぜひチェックを!コチラ

 

 

さて、共通テストが終わり一息ついている皆さんへ、まだ2次試験が残っていると思うので、本日は2次試験直前の勉強法についてお話します!

私が2次試験直前に行っていたことは音読です!

音読?!って思った方もいるかもしれませんが、特に英語の長文読解においてはとても効率的な勉強法なのです!

 

 

音読のポイント ~正しい音で読むべし~

音読といっても、ただ長文を読むだけでは成績は伸びません。

正しい音声、正しい発音で読む必要があります。

 

具体的な方法としては、ネイティブ音声付きの長文読解テキストを用意します。

東進ハイスクールのテキストに付属しているものであれば、

音声が「文と文で区切る」「0.5倍速」「1倍速」3段階に分かれています。

最初の「文と文で区切る」音声は、構文ごとで音声がいったんストップする仕組みになっているので、

全く音読に慣れていない人でもネイティブと一緒に読むことができます。

このスピード感に慣れてきたら、次は「0.5倍速」で読んでいきます。ここからは文と文の間に休憩がないので早く感じる人もいるかもしれません。でも、慣れてくれば同じスピードで読むことができます。

最後に「1倍速」で読んでいきます。0.5倍から1倍速の変化はものすごく大きいと感じると思うが、この1倍速に慣れてしまえばもう完璧です!

また、この方法は同じテキストで慣れるまで何回でも行ってください!

理由は、同じ文を暗記するくらいまでに復習すると、その文章に出てくる単語の発音は完璧になるからです。

 

実は、これらの方法で音読を行うことにより、リスニング力も鍛えることができます!

皆さんお分かりの通り、暗記するまで同じテキストを読み込むことによって、

リスニングでその単語が出てきた際には、はっきりと聞き取れますよね

私は直前期、音読をすることによって英語の点数が伸びたので、皆さんも是非やってみてください!!

 

東進ハイスクール高円寺校には様々な学習部屋がありますが、その中に音読室という部屋があります。

本日お話しした”音読”に適した環境が整っています!

ぜひ東進ハイスクール高円寺校へ!