センター試験をまえにソワソワしている君たちへ 元気が出るブログ! | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 1月 10日 センター試験をまえにソワソワしている君たちへ 元気が出るブログ!

お久しぶりです。この冬休み何かと大忙しだった岡野です!

本日は、そわそわしている受験生にとって1つでもためになる話をしたいと思います。(激励メッセージはセンター直前にアップする予定なので、楽しみにしていてくださいね☆)

私がセンター試験にかけてどのような生活を送っていたか、どのように勉強していたか、、。

生活面と勉強面に分けてお話ししていきます。

 

①生活面

・食事よりも勉強

これはどういうことかというと、あまり食事を大事にしていなかったということです。(笑)

あまり良いこととはいえませんね。

食事をゆっくりとっている暇があったら勉強していました。今考えると、食べ物の消化も悪くなるからあまりやらない方がいいんですけどね…

でも食事の時間って意外ともったいないことが多いです。

私の高校の友達は、頭の良い人は比較的みんな食事をするスピードが早かったので、私も少しでも追いつこうと真似をしていました。

 

・息抜きは1人で校舎の周りを散歩する

1人で、というのがポイントです。校舎の中では常にだれかと隣どおしで、あまり一人になれる空間がありません。

私は1人になれる瞬間がないとダメな人なので、息抜きをするときは1人で外に出ていました。

散歩でもかまわないし、コンビニにガムを買いに行くだけでもかまいません。

冬の空気は冷たいので、どんなに勉強から逃げたくなっても、結局寒いので必ず校舎に戻ることができるので、その点は安心です(笑)

 

・同じような境遇の受験生の『点数』に関する話や『自慢話』を聞かないようにした

これは生活面というより、精神面といったほうが適切かもしれません。

この時期、特に女の子はナイーブになりがちです。ほとんどの子がマイナス思考をします。(私の経験上の発言です。)

自分より判定が良く出ている子、自分より頑張っているように見える子、ちょっとした点数の自慢を受付で話している子。そんな友達をみて、『どうして自分は成績が出ないのか』とか『どうせ自分なんか合格しないにきまっている』とい思っている人は、このブログを読んでくれている人の中にもいると思います。

ですが、ただでさえ自分の点数と向き合っていたらナイーブになることもあるのに、他の友達のことでまでナイーブになっている暇なんてありません!

ここまできたら、他の人なんで無視してください。自分の世界で勉強してください。

耳をふさいで聞かないようにして、自分の勉強に集中しましょう!

 

②勉強面

・毎日朝登校、閉館まで勉強(学校が無かったため)

都立高校の人は学校がある人も多いかと思いますが、私立に通っていた私は学校がずっとありませんでした。

高円寺校は冬休み~センター試験までは毎日朝8:30~開館しているので、毎日朝から晩まで勉強していました。

その期間を利用したことで、私は直前期に大幅に点数を引き上げることに成功しました!

切羽詰ったときこそ頭はフル回転しますし、勉強した方がいい決まっているんです。この時期の追い込み、大切ですよ。

 

・同じようなルーティーンを組んで、毎日全科目に触れる工夫をした

1月にはいってからセンター試験までは、ひたすらセンター試験の勉強をやるのみです。

私もセンター試験が最後まで微妙な伸び方で、自分の納得のいく点数が模試で出たことはありませんでした。

だからこそ、直前期はセンター試験の過去問とそこで足りていなかった部分のインプットを毎日毎日行っていました。

夏にセンター10年分2周はやっていたので、直前期は大問別演習や、伸び悩んだところは3周目をやっていました。

やるべき優先順位をつけ、毎日同じような勉強ルーティーンをすることで、乱れなく毎日全科目に触れることができるので、自分にあった固定のやり方を見つけることはとってもオススメです!

 

・確実に得点を積み上げる勉強を心がけた

これは、もう皆さんもやっていることだと思います。やはりセンター試験も二次試験も、1点でも多く得点した方が合格するのです。

つまり、1点でも多く取れるようになるため、伸びしろが多い科目から手をつけるのは当然ですし、すでに8割近く点数が取れているものでもその精度をあげるために毎日インプットを欠かさないことが必要になってきます。

センター試験が安定して取れている人でも、いちばん足元をすくわれるのは『国語』です。

国語が得意な人が、本番になって現代文で大幅に得点を落とすケースも少なくありません。

国語などの対策が難しい科目でも、古文や漢文の知識系の部分では1点も落とさないようにインプットを欠かさず、かつどんな長文がきても対応できるように毎日1長文解いておくなどの対策が非常に効果的です。

点数を「確実に」積み上げる、これはテスト前の最後の1秒までいえることです。今日からでもいいので、意識していきましょう。

 

・毎日5点、10点上げてやる、という意識

これは精神論的になってきてしまいますが、この意識をもつだけで勉強に身が入るようになるし、本気でインプット・アウトプットができるようになります。

ぜひ試してみてください。

 

以上、私がオススメするセンター試験までの生活の仕方、勉強の仕方です。

東進ハイスクール高円寺校の受験生は、毎日毎日登校して、朝から晩までたくさんの生徒が努力しています。

スタッフである私たちがその姿を毎日見ているし、皆さんの努力量はどこにも負けない、と保証します。

センター試験まで残り9日となりました。まだ9日ある!と考えてください。何ができますか?まだ50点はあげられますよ!

本気で応援しています。まだまだ一緒に頑張っていきましょう!!!