大学の授業について | 東進ハイスクール高円寺校|東京都

ブログ

2019年 7月 1日 大学の授業について

こんにちは。益田です。今日から7月ですね。期末テストも近づいていますが、高3は特に学校の勉強だけに時間を取られないようにそこだけは気を付けてください。期末テストが終われば、次は夏休みですね、受験の天王山と呼ばれる夏休みを本気で挑みましょう!そのための最善の準備をしてくださいね。

 

最近は雨が多くて少し憂鬱な気分になりますね、、、でも受験生の皆さんは雨なんかに負けず、しっかり校舎に来て勉強しましょう!!!

今日は、大学の授業のお話をしようと思います。まず、私の通っている大学は、横浜国立大学という大学です。緑がいっぱいの大学です!私は、経済学部ですが、他には、経営学部、教育学部、理工学部、都市科学部、があります。理工学部や、都市科学部は細かく学科に分かれています。全部の学部が同じキャンパスにあります。だから、いろんな学部の生徒が同じ授業を受けることもあって、交友の輪が広がって楽しいです。

 

では、本題に入ろうと思います。もちろん、経済学部なので経済学に必要な授業は必修になっていますが、それ以外の科目は、一般教養といって違う学部の授業を受けられたり、理系の科目の授業を受けられたりします。私は、化学の世界や古生物の科学といった理系の授業を受けています。文系の人でもついていける内容で、むしろ文系の生徒の方が多い気がします。

また、ヨーロッパ近現代史という授業も受けています。大学受験の際に世界史選択で、世界史には興味があったので、この授業を受けることにしました。やはり高校の授業よりも学ぶ内容はが深くて、世界史に興味のある人はきっと楽しい授業だと思います。

 

最後にわたしが一番楽しいと思うのは、ポリティカルエコノミーという授業です。ひとことでいうと、政治経済学ですが、どんな授業かと説明するのは難しいです。高校で学んだ世界史の知識や政治経済で学んだ知識が組み合わさってさらに応用的な世界経済の背景とその今の繋がりを学ぶ授業、という感じです。やはり、自分の学んだ知識が大学でのまなび繋がるのは嬉しいし、ワクワクしますし、しっかり勉強していてよかったなという気持ちになります。

 

大学の授業を受けてみたい人は、オープンキャンパスに参加して模擬講義などに参加してみて下さい。それが、志望校への思いをいっそう強くさせます。学部で迷っている人にもおすすめです!高3は時間が厳しいかと思いますが、特に高1高2の生徒は、是非参加してください。